知財計画2014年、議論大詰め

知財計画とりまとめの会合は、毎年のことですが、簡単には収まりません。数々の発言がありました。主なものを挙げておきます。

野口委員「ビッグデータが日本独自のプライバシー規制をしくことを危惧する。営業秘密保護強化に逆行。ITと知財を統合した政策を講ずべき。」

瀬尾委員:「アーカイブにおいて国会図書館の位置づけが重要だが、国会のものなので政府計画に言及されない。政府を超えたヨコ串を考えることが必要。」 

角川委員「クールジャパン特区を作り、海外からの来訪者が行ける場、インバウンドの受け皿を作るべき。かつてジャポニズムは政府支援もなく立ち枯れた。クールジャパンも21世紀のジャポニズムになりかねない。」

宮川委員「グローバルな違法ダウンロード対策には、権利者-ISP連携によるブロッキングが効果的。より踏み込むべきだ。」

川上委員「日本と海外企業との競争に不公平が生じないようにすることが最大課題。その視点が欠けている。海外サーバに日本の制度をどう適用するかをまず考えるべき。」

重村委員「現地向けサイトを作って継続的にプロモーションをすることを支援する施策を希望する。」

斉藤委員「各企業の取組が点から線、面に広がるようにしたい。成功例を作ることが効果的。」

迫本委員「今回かなり政策が明確化・具体化した。PDCAで継続的に見ていく仕組みが大切。」

喜連川委員「教育IT化が遅れている。オンデマンド教育を容易にすべく著作権制度を変えたい。」

久夛良木委員「現実のパブリックデータとソーシャルメディアのリアルデータを集めて遊ぶゲームが登場しているが、これは日本では生まれない。それはなぜか、を考えるべき。」

大崎委員「ドラマ、映画、音楽の人材を育成する拠点を設けるべき。」

ぜ~んぶ「御意」です。これらをぜ~んぶ取り込んでいくと、政策は大変です。でも、できるだけ、そうしたい。

取りまとめ当時の山本一太大臣が「知財戦略を成長戦略・経済問題としてとらえる。検証とフォローアップが重要。」とまとめました。そうです。議論は十分。計画を実行すること、成果を上げて検証する。お願いします。