2045年、世界と日本のICT

国際公共経済学会では、これから30年後の情報社会を展望するセッションも持ちました。稲見昌彦さん、水口哲也さん、チームラボ猪子寿之さん、情報セキュリティ大学院大学林紘一郎さん、経済産業省境真良さん、国立情報学研究所生貝直人さんという面々。ぼくが司会です。バックグラウンドは技術、デザイン、ビジネス、法学、経済学、政策とバラバラ。

30年後を設定したのは、30年前が大事だと思ったから。当時のメディアは電話とテレビでした。100年整備してきた電話ネットワークの積滞解消とダイヤル化が完成し、テレビはアナログ全国網が整備されて全国での民放4ch化が目標になったばかり。次に進むということで、84-85年には通信は電電民営化・通信自由化、放送は衛星放送がスタートして多チャンネル化へ。

当時の政策アジェンダは4つです。安い、速い、キレイ、もうかる。長距離と国際の電話料金が安くなるか。1200bpsが基本だった通信が速くなるか。ハイビジョンで放送の画像がキレイになるか。NTTや第二電電がもうかるか。このアジェンダ、今はもうどれも重要性を失っています。

30年たちました。アナログは失せ、PC・モバイルと、インターネットと、コンテンツは世界的に定着しました。その次のステージ、マルチスクリーンと、クラウドと、ソーシャルメディアも普及しています。改めて、混沌。政策アジェンダも、もはや安い速いもうかる、ではありません。

さて、では、これから30年後を展望するとどうか。経済社会はどう変化するか。日本はどうなるか。その中で、ITはどういう役割を果たすのか。その位置づけは、重要になるのか、低下するのか。それがぼくからの問いかけです。

案の定、議論は全くとりとめもなく終わりました。司会の腕のなさを弁解はしません。でも、それ以上に、みんなの意見を聞いていて、やはりメディアが混沌としている、その状況を確認しました。

子どもだったころ、テレビ電話やエコカーが誕生するニコニコ明るい未来像を共有していました。30年前の高度情報社会論の頃も、いつでもどこでも誰とでもという「こんな感じ」を共有しようとしていました。

でも今は、ユーザのウォンツも社会の要請も多様で、サイバー攻撃やら炎上やらの問題も先に立ち、技術が進むことによって機械が人に置き換わることの現実味も浮き彫りになっています。未来の「こんな感じ」が白でも黒でもなく、灰色でもなく、まだら模様なのです。

それを共有することがこのセッションの目的なので、まぁいいのですが、そうした議論の再出発をアカデミズム=学会が投げかけたとして、そのプラットフォームを担っていくのはなかなかに荷が重い。後は誰かやってくれませぬか。そこの若いの。