なつかしい「機械との競争」

エリック・ブリニョルフソン、アンドリュー・マカフィーの著「機械との競争」を読みました。MITビジネススクール「Sloan」の教授たちによる情報経済論です。

コンピュータが人間の領域を浸食することで、特に中間層の雇用が減り、雇用は高所得を得られる創造的な仕事と低賃金の肉体労働に二極化すると警告します。

自動車の運転も翻訳もコンピュータがカバーします。ホワイトカラーの仕事は機械に肩代わりされ、人間が勝るのは音楽、ソフトウェア、スポーツといったクリエイティブな仕事と、肉体労働とに集約されるというのです。

所得の中央値は過去10年で減少し、1人当たりGDPは増加したといいます。富の増加分の80%以上が上位5%の世界に集中しています。中間レベルの所得が失われ、格差が拡大しているのです。

なつかしいなぁ、というのが第一の感想です。こういう議論は15年前にありました。

PCやネットの普及は、そのために進められる。経営者がムダなホワイトカラー、中間管理層を切るために、ネットの普及を浸透させる、というのがアメリカの空気感でした。特にぼくがいた、MITのある東海岸では、それが正当な行為として賞賛されていました。

そのころ日本でも企業でのネット利用がぼちぼち進んでいましたが、その目的はハッキリせず、ベンダーやソフトハウスやシンクタンクや通信会社の営業に押される形で恐る恐る導入する会社が多くて、投資も本格化しませんでした。

だんだん「中抜き」論が勃興し、ネットの普及はホワイトカラーの危機感をあおり、普及にドライブがかからないままでした。

女子高生などの末端ユーザがデジタルをガンガン使いこなし、世界で群を抜いて情報を発信する国になっているにもかかわらず、企業のネット利用という点では、情報通信白書が示すように、経営者のIT利用偏差値が先進国最下位を記録するというありさまです。

そんな古いテーマを今になって気鋭のビジネススクールの看板教授が持ち出しているのは、ようやく議論できるだけの実証データが揃ってきたということなのでしょう。

実はエリック・ブリニョルフソン教授は、2000年にeBizセンターをMITに立ち上げた教授でして、当時MITメディアラボに所属していたぼくは、CSK(現SCSK)を口説いてセンターの設立スポンサーとして参加しました。

ネットバブル崩壊前、アメリカIT分野の鼻息が最も荒いころです。いやぁ、荒かった。それから曲折を経て、東海岸はIT分野で西に引き離され、十数年経って、ITはヤバいよ、という実証を持ち出してきたのですね。

気持ちはわかる。当時のぼくは、アメリカの鼻持ちならないIT攻勢に辟易としながら、MITによる、デザイン+テクノロジー(メディアラボ)とマネジメント+ポリシー(スローン)のかけ算プロジェクトに、並々ならぬ興味を抱いておりまして、そのモデルを一つの組織=大学院でやってみたい、というのが今ぼくが所属するKMDへの期待となっているのです。

本書は警告を発するものの、1811年のラッダイト運動を引き合いに出し、古い仕事が失われても新しい仕事が生まれるというのが経済学の教えと説きます。そのとおりです。

産業革命の第一ステージ=蒸気機関も、第二ステージ=電気も、多くの労働者を生みました。産業革命の第三ステージ=コンピュータとネットも長期にはそうだと説きます。

基本は楽観的なのです。デジタル技術は人類は豊かにする、というのが基調です。

なお、コンピュータやネットを第三次の産業革命と見るのは公文俊平先生と同じですね。ぼくはコンピュータやネットは300年単位の産業革命ではなく、1000年単位の文化革命だと見ていて、蒸気機関や電気とはレイヤが違うと思っています。長期の経済からみて楽観なのは同じですけど。