ヒカル氏がVALUのユーチューバー騒動で謝罪動画を公開するまで~お金を持ち逃げしてる人は他にもいる~

ユーチューバー騒動でVALUはどうなる?(ペイレスイメージズ/アフロ)

昨日、人気ユーチューバーのヒカル(以降、ヒカル氏)が謝罪動画を公開した。先日から度々報じられたVALU(バリュ)というウェブサービス上で起きたトラブルに関する内容だ。

ヒカル氏は自身の保有する全てのVALUを売り出したことにより、ヒカル氏のVALUを保有する人に損害を与えたとして大きな話題として取り上げられた。その後は規約変更が新聞でも報じられるなど、VALUはベンチャー企業が提供するウェブサービスとしては異常なほどに注目を浴びるようになる。

「いつも応援してくださっている皆様へ」 ヒカル氏・youtube公式チャンネルより 2017/09/04公開の謝罪動画

先日はTOKYO FMのタイムライン(8/30 19:00~)という番組に出演し、人気ブロガーのちきりんさんとVALUの可能性と問題点について説明した。ラジオで話したことも含めて、以下、3つの点から今回の騒動と謝罪動画について言及してみたい。

1.騒動は予見されていた

2.ヒカル氏の言動は違法なのか?

3.ヒカル氏とVALU社の責任、および他にお金も持ち逃げしている人への対処は?

■1.騒動は予見されていた。

VALUは「個人が上場する」という極めて変わった趣旨のサービスとして開始した。会社が株式上場して株を売って資金を調達するように、個人でも資金調達が出来る……。おそらくこの説明では何のことやらと思われてしまうかもしれないが、VALUへの上場を申請する際にはフェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSと連携させることで、フォロワー数によって当初株の代わりとなるVALUの発行数と時価総額が決まる。

売買にはビットコインを間に挟むものの、ビットコイン自体が仮想通貨と呼ばれ円との交換が容易なため、自身に割り当てられたVALUを売ると実質的にお金を調達できる、ということになる。

※VALUに関する基本的な仕組みは「個人が上場できる」と話題のVALUは「マネーの虎」であるを参考。

VALUの一番の特徴は株取引を模している面だろう。売買の画面はネット証券の画面とおり二つで、発行されたVALUの価格も取引に応じて上下する。その一方でVALU自体は規約によって買い手に何の権利も保障しないものであり、株主が会社に配当を要求したり経営者の変更を株主総会で決議したりするように、発行した人に対して何かを強制する権利は一切ないことになっている。VALUは株のようで株でないもの……といった説明になる。

「VALU」が開始から2か月で日本の株式市場を超えた理由では、VALUの仕組みをトレーディングカード、ファンクラブ、ゴルフの会員権、マネーの虎、そしてAKB48の総選挙と様々なものに例えた。それだけ多様な要素を内包しているものということだ。

一方で7/25の時点で書いたこの記事では二つの問題点を指摘した。

「夢や目標があるのにお金が無くて実現できない人を応援する」というVALUの理念がある一方で、現実にはSNS上で多数のフォロワーを抱える(さほどお金に困っていない)有名人が知名度を換金する場所になっている、という問題。

もう一つが金融商品でないことから、株式市場では禁止されている行為が可能なため、「相場操縦」が容易であるという点だ。

ヒカル氏が行った保有VALUの全放出によりVALUのホルダーに発生した損失は、上記の相場操縦の結果であり、売却によって得た5000万円とも言われる資金はヒカル氏がユーチューバーとして得た知名度を換金した結果である。

■想定通りのトラブルに。

証券市場で起きる程度の問題は今後すべて起きる、電話を使った犯罪が起きてもNTTは叩かれないが、LINEのような新しいサービスが犯罪で利用されれば徹底的にたたかれる、とも書いた。今回の件が仮に詐欺事件であったとしても、5000万円程度の詐欺事件がこれだけ多数のメディアで大きく取り上げられることはまずない。全て記事で書いた通りのことがそのまま起きたということになる。

オレはこの騒動を予見してたんだぜ!という自慢話をしたいわけではなく、以前の記事で書いた程度のことは他の多くの利用者もVALUの運営会社も把握していた話だ。したがって、当初大量売却が問題になっていると聞いた時には「みんな分かってたんじゃないの?」と不思議でしょうがなかった。

大量売り出しはヒカル氏本人にも損失をもたらしている。VALUの価格が下がっているからだ。上手く売買すればヒカル氏はもっと多くの資金を、何のトラブルもなく手にすることができたはずだ。逆に言えばそのような状況があるため、合理的に考えれば全てのVALUを一気に売り出すメリットが上場した人にはない。

そのような性善説を前提にシステムが設計されていたため、ヒカル氏の滅茶苦茶な行動に対応できなかったともいえる(現在は規約変更により、発行VALU数の10%までしか一度に売りに出せない)。

■2.ヒカル氏の言動は違法なのか?

ヒカル氏のVALU全放出により損失を被った人が多数いた事で大騒ぎとなったわけだが、資金調達をするにはVALUを売り出す必要がある。VALUの規約でも当初は売却数に制限はついていなかった。他に大量売却をしている人もいた。大量の売却自体は規約上問題なく、法律上の問題になるはずもない。

問題視された点は、ヒカル氏が事前に優待(VALUを保有する人へのオマケ)をそれとなくほのめかすような言動があったこと、全放出の前日に翌日何かをやるという予告をしていたことなどが挙げられている。

価格を下げ、ホルダーに損失を与えることは自身が損をすることでもある。したがってヒカル氏が何かをするということはヒカル氏本人にもVALUのホルダーにとってもメリットのある事であるという期待を結果的に持たせた。しかし実際には全放出で損が発生した。これが嘘をついてVALUを売り出してホルダーに損を与えた、ということで詐欺ではないのかと言われている理由だ。

ただ、VALUというウェブサービス上で期待を持たせる言動と売却が結びついたことが果たしてどの法律に抵触するのか、極めて不透明だ。損をした人がいたことは間違いないが、価格変動があることは全ての参加者が理解したうえで参加している。損失の幅については想定を超えている人もいたかもしれないが、この点に関する説明責任はヒカル氏ではなくサービスを提供するVALU社にある。

そもそも「発行されたVALUを、ビットコインを介して売る」という行為が法律上どのような行為に相当するのか明確になっていない。たとえばVALUは価値の裏付けがないのだからVALUを売って資金を受け取ることは贈与にあたる、だから贈与税が発生するのではないか、という意見がある。一方で贈与ではないという意見もある。この点について様々な見解はあるが、少なくとも国税庁からの正式な見解は示されていない。

結局、贈与なのか、モノや情報(コンテンツ)や役務(サービス)の売買なのか、それともまた別の行為になるのか、現時点で明確にはなっていない。ヒカル氏の行動については弁護士によって見解はいくつか出されているが、当然のことながら弁護士の見解で法的な扱いが決まるわけではない。ヒカル氏のやったことがろくでもない行為であることは間違いないが、ろくでもない行為が全て違法行為ではない。

■ヒカル氏に悪意はあったのか?

もっと言えばVALUの大量売り出しでホルダーが損をすることを株取引の知識をさほど持っていないであろうヒカル氏が理解していたかどうかも怪しく、違法かどうかは別にヒカル氏に悪意があったかどうかすら不明だ。

ヒカル氏を擁護するのか?と怒りに満ちたコメントをぶつけられそうだが、株の保有実態のアンケート調査を見ると、男性の場合20~24歳でゼロ、25~29歳で4.2%となっている(証券投資に関する全国調査 平成24年度調査報告書(個人調査) 日本証券業協会)。

相続で受け取った人やよく分からずに持っている人なども考えれば、株をよく理解している若者はごく少数だ。その株を模した仕組みであるVALUの仕組みをヒカル氏が熟知していると考えることは極めて無理がある。株価が下がることを「売られる」とも言うが、この程度の表現でも株取引が未経験であれば意味が分かる人は決して多く無いだろう。

現在VALUに参加している人も、よく分からずに売買している人は多数いる。先日参加したVALUの社長が登壇するセミナーでも、スマホのゲームのように、チュートリアル(最初に操作方法などゲームのやり方を教えること)を組み込んではどうか、という意見が出たほどだ。

ヒカル氏に近しい人物が売買で利益を得た事についても、インサイダー取引だと騒ぎ立てている人がいるが、金融商品でないVALUにインサイダー取引は適用されない。ヒカル氏の言動が犯罪にあたるのなら共犯者として何かしらの罪に問われる可能性はあるかもしれないが、少なくともそれがインサイダー取引である可能性はほぼゼロだ(VALUが金融商品である、と認定されたときに初めてインサイダー取引の話になる)。

もちろん、意図や知識がないから犯罪に当たらないということは無いが、ヒカル氏の行為を犯罪と断定するには極めて情報が少なく、それはVALUが世界初のサービスであり、法律で想定された世界を大きく飛び越えた画期的なサービスであることも起因している。

■3.ヒカル氏とVALU社の責任は?

ヒカル氏はVALU社の要請もあり、価格が下がったVALUを買い戻し、その作業はすでに完了したと発言している。高値で買い戻したことから利益を得た人も多数いるようだ。(買い戻しの前に売却して損失を確定した人に対してはまだ対応をしていないようだが)。

期待を持たせたうえでの全放出が違法行為なのであれば盗んだお金を返しても罪は消えないが、すでに説明した通り違法行為かどうかすら現時点では不透明だ。被害を受けた人は各地の警察に相談をしている人もいるようだが、おそらく「そもそもVALUって何?」「ビットコインとか仮想通貨とは?」といったあたりから説明を求められ、四苦八苦していると思われる。

VALU社は今回の騒動を受けて一度に売り出せるVALU数は発行数の10%と規約を変更したが、元々は全てのVALUを一度に売り出しが可能な状況になっていた。規約で投機(とうき)は禁止とされていたが、相場操縦につながるような言動を禁止するようなことは書かれてはいなかった。もしヒカル氏の行為が犯罪にあたるのであれば、そういった行動を可能にしてしまったVALU社に責任は無いのだろうか。

システムをハッキングされてトラブルが起きたわけではなく、そもそも制限がなかったのだから、謝罪動画でヒカル氏が発言しているように、VALUの仕組みの中で行動可能なことが問題になるとは思わなかった、というのもある意味で当然だろう。

■お金を持ち逃げしている人たちについて ~レモン市場という問題~

そして、ヒカル氏の行動以上に問題なのが、VALUを売却したまま放置して、お金を持ち逃げしているような人が他にもVALU内で存在していることだ。

ヒカル氏は知名度が高く取引の規模も大きいことから問題になったが、当初VALUが急激に盛り上がって多額の資金を調達したものの、その後何もしていない人が多数存在している。ハッキリ言ってこれはお金の持ち逃げだ。

VALUは保有者に何の権利も無いということにはなっているが、一方でVALUは「夢や目標をかなえるために資金調達の場を提供する」こともうたっている。したがって、権利云々の以前に資金調達をして何もしない、ということ自体がVALUの理念や規約に反しており、VALU社が警告や取締りをすべき対象なわけだ。

また、VALUに上場する人を見ると、プロフィール欄に「よろしくお願いします」と一行挨拶を書いているだけといった人が多数見受けられる。その人がどんな人物で何にお金を使おうとしているのか、全くもって不明だ。

そんな人のVALUでも買ってしまう人も悪いわけだが(自分も買ってしまったので偉そうなことは言えない)、そんな人でも上場させてしまうVALU社の審査体制も極めて問題がある。

ヒカル氏の言動を規約違反としてVALU社が内容証明まで送りつけているのであれば、お金の持ち逃げをしている人は等しく問題として扱うべきだ。中には有名企業の社長などで、資金調達をしたまま何か月も放置している人までいる。

控えめに見てもヒカル氏だけがここまで非難されることは、他の持ち逃げ状態にある人と比べれば極めてアンフェアだ(ヒカル氏が高値で買い戻しをしている事を考えれば不公平ぶりがさらに際立つ)。

現在VALUは取引が停滞し、以前と比べて大幅に価格を落としている人も多数いる。その原因の一つはヒカル氏の騒動ではあるものの、VALUを放置してログインもせず、お金を持ち逃げしている人がいる状況も影響している。これは安心して買えない人が存在することで買い控えが増え、価格下落で上場した人のやる気も減るという悪循環が生まれ、残っているのはろくでもない人ばかりという経済学でいうところのレモン市場問題でもある。

ラジオでも発言した通り、現状ではヒカル氏もVALUも両方悪いとしか言いようがない。

※レモン市場問題……買ってみないと質が分からないレモン=問題のあるモノばかりが売りに出される状況を説明する経済学の用語。

■VALUの理念がシステムに反映されていないという根本的な問題。

現在VALU社は頻繁に規約を改定し、トラブルが起きないように対応している。これ自体は当然の処置ではあるが、その内容を見ると売買の回数や数量など、取引に制限を加えるばかりで本質的な解決に至っていない。

VALUの理念として掲げられている、夢や目標があるのにお金がない人を支援する、ということ実現するのであれば、最低限夢や目標を明記する入力欄を設けるべきだ。ヒカル氏の問題も、お金を持ち逃げする社長の問題も、資金の使途を明記させるだけで防ぐことが出来た可能性は非常に高い。

ヒカル氏であれば、調達した資金をつかってこんな企画をYouTubeで行います、と宣言させればユーチューバーとして積極的に活動しているヒカル氏が何もしないことは考えられず、結果としてトラブルも防げたのではないか。大手企業の社長も同様だ。結局お金の持ち逃げを許している大きな原因の一つに、資金の使途を明記させるというVALUの理念を考えれば当然のことをやらせる仕組みが無いことが原因と言える。レモン市場問題が起きるのもある意味で当然の状況だ。

そのうえで嘘をついたり、あるいは目標が達成できず途中で断念したり、そういったケースにどのように対応するかという問題は残るが、現在の状況は性善説とか善意に頼っているとか以前の問題だ。

※もちろん、この辺りの話は制度設計の哲学の違いでもあり、わざわざそんなことを書かせるような「ヤボ」な仕組みが無くても良い、問題のある人は自然に排除される、という考え方も否定しない。検索サイトでもグーグルとヤフーのトップ画面が全く違うように、同じことをやろうとしてもアプローチの仕方は千差万別だ。ただ、結果的に問題が起やすい仕組みを採用していたことは間違いない。

■喫煙で学校はつぶれない

VALUを利用している人の感覚としては、ヒカル氏の行動は何百人もいる生徒の中の一人がたばこを吸って補導されたといったくらいの問題であり、悪いのは本人だけでそれ以外の生徒は関係ないよね、と考えている人が多いように見える。ただ、外部から見ると全員が連帯責任で甲子園の出場を停止しろとか、休校させろ、学校ごと潰せと事情もよく知らないまま好き勝手な発言をしている人も多いようだ。

当然のことながらヒカル氏の問題で「全生徒」が連帯責任を負うような話でもなく、一人喫煙者が出たからと学校が閉鎖されるようなことは無い。ただ、これは「学校」の指導が正しく行われていた場合だ。

今後VALU社は問題が起きないように規約を改定し、適切に管理を行い、参加者が自律的に「真面目に行動することが得」と考えるようなインセンティブを設計することが出来なければ、法的な問題以前にVALUというサービス自体が寂れてしまう。

現在の取引に制限を加える規約改定は性善説から性悪説に舵を切って、お前ら問題を起こすなよ、と全く参加者を信用していないような対応に見える。VALUが夢をかなえるプラットフォームになる、という理念は一体どこに行ってしまったのか?という状況だ。

■VALUが提案する新しいコミュニケーション。

現在もVALUには多数の利用者が居て、VALUによるコミュニケーションが仕事につながるなど、参加していない人には全く分からないと思うが新しいSNSとして機能しつつある。

フェイスブックやツイッター、インスタグラムなどのSNSで、見ず知らずの人のつぶやきや写真にイイネを押す、コメントをする、リツイートをする、という行為は一昔前には考えられないコミュニケーション方法だ。

VALUが構築した世界は見ず知らずの個人にお金を出して応援するという、株でもクラウドファンディングでも従来のSNSでもない、VALUを作った人たちですら何が起きるか分からない新しいコミュニケーションだ。そんなモノは無くても良いという人も多いと思うが、これはツイッターでもフェイスブックでも同じで、利用しない人にとってはどれも無くても良いものばかりだ。

問題は適法かどうか、利用者に支持されるか、社会に存在を認められるか、それだけだ(ツイッターもフェイスブックも設立当初から現在に至るまでトラブルだらけだが、しっかりと定着している)。

VALUの作った新しい世界が定着するのか、それとも危険な賭場として規制されたり見向きもされなくなるのかは、今後のVALU社による舵取りと参加者のモラル次第だ。

■VALUも関与していた?ヒカル氏の爆弾発言の真意。

今回の騒動を受けて、数社のメディアでヒカル氏は取材を受け謝罪をした。そして9/4には謝罪動画を公開するに至ったが、そこでは「VALUも関与していた」「VALUと密につながっている方が2人」いた、という発言がなされている。これまでもちょくちょくとそういった話が噂レベルで流れていたが、当事者であるヒカル氏が正式に発言した形となる。

この発言だけを見るとまるでヒカル氏とVALU社が結託して炎上騒動を起こしたかのように読めてしまうが、これは過去の経緯も照らし合わせて考えると結託とか関与などという話ではなく、ちょっとした行き違いが大騒動に発展したように見える。

この点は次回の記事で言及したい。

※追記

VALU社からヒカル氏の謝罪動画についてリリースが公開された。行き違いが発生しているのではないか、という話とほぼ合致する内容ではあるが、リリースタイトルが企業の出す文書として過剰に攻撃的であり、ヒカル氏とVALU社の関係は第三者がまともに言及する状況ではなくなったため、次回以降の記事では別のテーマでVALUについて言及したい。

ヒカル氏の動画における当社への不適切な言及について - VALU ヘルプセンター