韻シスト20th ANNIVERSARY〜お祝いとリスペクトに溢れた3日間

NeighborFood SPECIAL 3DAYS〜DAY2(事務所提供)

今年20周年のアニバーサリーイヤーを迎えた、日本を代表するヒップホップバンド、韻シストが、その記念ライヴを、なんばHatch 3デイズというスタイルで開催した。ライヴハウスとはいえオオバコの会場、そこで3デイズライヴというのはかなりの挑戦だったか、と思うが、蓋を開ければ連日満員、そして来場者数以上に、そのハッピーな空間は、20年間突っ走ってきた彼らへのお祝いとリスペクトに溢れていた。

韻シスト(事務所提供)
韻シスト(事務所提供)

自分は、スケジュールが合ったDAY2(6月16日)に伺った。3日間、毎日、スペシャルゲストを招いてのライヴ、DAY2のゲストはフジファブリックだった。この2組の関係を知らなければ、ちょっと不思議なブッキングだと感じるかもしれない。フジファブリックはとても多様性のあるバンドだが、ヒップホップバンドとの対バンはなかなかないだろう。フジファブリックのボーカル/ギターの山内総一郎と、韻シストのギターであるTAKUは、同じ大阪出身で、学生時代からの親友であり、その2人の交流から、バンドメンバー同士も自然と仲良くなり、今回、満を持しての対バン、ということになったのである。

少し早めに会場入り出来そうだ、と思った自分は、ライヴ前、メンバーに挨拶したい、と担当するコンサート会社の友人に連絡したら、「えっ?じゃあ、ちょっとMCやってくださいよ」と言われ、断る理由もなく、それが少しでも彼らへのお祝いになるのなら、と、快諾した。

急きょMCを担当した筆者(事務所提供)
急きょMCを担当した筆者(事務所提供)

韻シストとの長い付き合い(韻シスト~すべてが整った“今の気分”)というのもあるが、やはり彼らを囲む(自分も含め)仲間たちは、何か一緒にやりたい、一緒に楽しみたい、という気持ちがすごく強いと思う。あの空間でMC出来たことは、すごく幸せだった。

自分の紹介で、オープニングアクトの激論が登場した。前述の山内総一郎とTAKUのスペシャルユニットだ。彼らの出会いは、大阪府茨木市のライヴハウス「ジャックライオン」というお店で、出会いから、その後の付き合い、今に至るまでの話を、懐かしさを噛み締めるように、とても楽しそうに、話してくれた。ギター2本に山内君のボーカルでフジファブリックの曲を1曲演奏した後、その「ジャックライオン」の店長、真柴さんがステージに登場、「何しに来てんねん?!」って言いながら、2人はとても嬉しそうだった。真柴さんも、学生の頃から可愛がっていた2人が、こうやってプロのミュージシャンとしてステージに立っていることに感慨ひとしおだったと思う。

激論(山内総一郎×TAKU)(事務所提供)
激論(山内総一郎×TAKU)(事務所提供)

もう1曲、真柴さんもそのままステージに残り、今度はTAKU君がボーカルを取り、韻シストの曲を2人で演奏、会場はとてもあたたかい空気に包まれていた。DAY1とDAY3には伺えなかったが、このDAY2は、それぞれのバンドのライヴも含め、完全にこの2人の友情がストーリーを作った感じだった。次にこの“激論”がいつライヴをやってくれるのか分からないが、また必ず観たい、と思った。

そして、本編、最初に登場したのは、フジファブリック。

フジファブリック(事務所提供)
フジファブリック(事務所提供)

アッパーなセットリストで最初から会場をどんどん熱くしていった。1曲、韻シストのカバーも披露。「ラップって難しいよねぇ」と言いながらも、彼ららしさを残しつつ、素晴らしい演奏を披露してくれた。

(動画は、当日も演奏した「バタアシ Party Night」〜2016年の東京でのライヴの模様)

そして、主役の韻シスト。フリースタイルな演奏でドキドキを煽りながら、2MCが登場、会場のボルテージは一気に上がった。いつものようにウィットを交えながら、ファンへの感謝、対バンのフジファブリックへの敬意、そしてまだまだこれからも突っ走っていく覚悟を最高のステージで伝えてくれた。

韻シスト(事務所提供)
韻シスト(事務所提供)

アンコールには、山内君が再登場、1曲コラボも披露してくれた。そして、「哀愁のチューン」で、大興奮の中、DAY2は幕を閉じた。DAY1とDAY3ももちろん、とんでもない盛り上がりだった、と。20周年のお祭りを終えた彼らは、間髪入れずに次のアルバムを8月にリリースする。9月には、The BirthdayやSPECIAL OTHERSと、また面白いライヴイベントが控えている。通過点、と簡単に言えるほど20年という歳月は短くはないが、前しか向いてない彼らを見ていると、これからが楽しみでしかたない。

韻シスト 20th ANNIVERSARY NeighborFood SPECIAL 3DAYS

会場:なんばHatch

DAY1 6月15日(金)Chara×KenKen(BASS DJ)×韻シスト

DAY2 6月16日(土)フジファブリック×韻シスト opening act:激論(山内総一郎×TAKU)

激論

1.カンヌの休日

2.DEAR

フジファブリック

1.STAR

2.バタアシ Party Night

3.夜の中へ

4.虹

5.LIFE

6.Don't leave me(韻シストのカバー)

7.ダンス 2000

8.Surfer King

9.若者のすべて

韻シスト

1.STUDIO INSIST

2.MOVE IT

3.PARTY SIX

4.一丁あがり

5.Don't worry

6.オ〜シッ

7.I Ain't Alive

8.DEAR

9.Don't leave me

10.Dairy a life

EN1.ON&ON

EN2.パッション・フルーツ(山内総一郎を迎えてフジファブリックのカバー)

EN3.哀愁のチューン

DAY3 6月17日(日)PUSHIM×Rickie G×韻シスト

フジファブリック オフィシャルウェブサイト

http://www.fujifabric.com/

韻シスト オフィシャルサイト

http://www.in-sist.com/

「たとえば ボクが 踊ったら、 #002」

9月16日(日)10時30分開場 11時30分開演

会場:服部緑地スポーツ広場A特設ステージ/服部緑地野外音楽堂

出演:韻シスト/The Birthday/SPECIAL OTHERS/PUSHIM×韻シスト and more(五十音順)

問合せ:夢蕃地

(敬称略)

(カメラマン:ハヤシマコ)

(写真提供・協力:LIL FARM/夢蕃地/徳間ジャパン)