フレンズ~春と共に誕生する、幸せが溢れるアルバム

2017年4月5日、フレンズの初となる全国流通版CD、「ベビー誕生!」が発売される。

フレンズとの出会いは、この曲、「夜にダンス」だった。ちょっと切ないメロディから不思議とハッピーな気持ちになっていく構成、そしてなんといってもこのPVの素敵な仕上がりに、すぐにファンになった。

このなんとも不思議なバンドには、“幸福のポップミュージックを作り上げる神泉系5人組バンド”というキャッチコピーが付いている。神泉、とは渋谷から少し歩いたところ、先日東京の友人に連れてってもらった“奥渋谷”というエリアに入るのか入らないのか、東京に詳しくないので分からないが、とにかく奥渋谷は今注目のスポットで、美味しいお店が増えている、くらいの知識しかない。そんな神泉~そこらへんが溜まり場なのか、練習スタジオがあるのか。ただ、自分は世代的に“渋谷系”ガッツリで、今思い出す渋谷系の音、の、隣、と思うと妙に腑に落ちるところもある。

メンバーは、

ボーカル:おかもとえみ 元“THEラブ人間”のベーシストとして活動し、脱退後はシンガーソングライターとして作品もリリースしている。“科楽特奏隊”にもメンバーとして参加しており、他にも数々のバンドやシンガーのサポートベーシストとしても活動している。フレンズでは主に作詞を担当。

ボーカル・キーボード:ひろせひろせ フレンズのメインMC。ほとんどの作曲も行っている。自身のバンド、“nicoten”ではベーシストとして活動中。その他様々な楽曲のアレンジも行う。

ベース:長島涼平 2015年末に惜しくも活動を休止した人気ロックバンド、“the telephones”のベーシストとして日本中を踊らせてきた。現在はMC DOTAMA、松本誠治らと共に“FINAL FRASH”としても活動。“テスラは泣かない”のサポートベーシストも。

ギター・コーラス:三浦太郎 2015年末に解散を発表したバンド、“HOLIDAYS OF SEVENTEEN”のフロントマンとして活動してきたが、2016年2月にフレンズの前ギタリストと交代で加入。“sumika”のサポートコーラスとしても活動中。

ドラム:SEKIGUCHI LOUIE 元“The Mirraz”のドラマーとして活動。脱退後はイベント制作、さらに地元長野でテクノイベントをオーガナイズするなど多方面で活動している。

プロフィールを見て頂ければ分かるように、メンバーは、様々なバンドで活躍し、また、現在も平行して他のバンドなどでも活動している。2015年6月、ひろせひろせの誕生日イベントで、おかもとえみと共に発表した「ベッドサイド・ミュージック」という楽曲を機にバンドを発足、フレンズとなった、ということだ。元々ベーシスト、が3人いる。ミュージシャンは器用だ、と(自分が楽器を使えないので憶測もあるが)思うが、そういう部分でもスタートの時点で遊びの要素が大きかったというのが伺える。この(ちょっと失礼な書き方だが)“遊び半分でスタート”というのがとても重要だ、と思う。それぞれ活動拠点がある(あった)中、仲のいい音楽仲間~友達と一緒に音を出してみよう、もちろん全員プロのミュージシャン、やればプロのサウンドになるのは当たり前。そこに(最初は)あくまで遊び、のエッセンスが注入されたことにより、自然と、とてもハッピーな音が奏でられるようになったのだろう。噂は早い。それぞれのバンドのファンももちろんいたはずで、サイドプロジェクト、復帰後の活動、そういう理由で音源を手にしたり、ライヴに足を運んだ人もいると思う。そして、そこにあったのは、とにかく幸せになる楽曲たち。どの入口から入っても、彼らの音に辿り着いた人はハッピーになり、好きになる。

音楽をメインに届けるFMラジオ局のDJとして、提供する時間は出来る限りハッピーになってほしい。最近、特にそう思うようになった。番組の性質、時間帯、役割でもそれぞれだとは思うが、少なくとも自分の時間は音楽とトークで笑顔になってほしい。今、フレンズは、自分の選曲に欠かせない音源のひとつである。

画像

フレンズ 1stアルバム「ベビー誕生!」 2017年4月5日発売

1.ビビビ

2.シンデレラガール

3.Wake Up BABY

4.DON'T STOP

5.夜明けのメモリー

6.Thema

7.塩と砂糖

8.元気 D.C.T~プロローグ~

9.そんなかんじ

フレンズ オフィシャルHP

http://friendsbandjp.weebly.com

(敬称略)