Rockin'Radio!-OSAKAJOH YAON-~みんなで作って、みんなで楽しむ

イベント終了後の記念撮影

Eggs presents FM802 Rockin'Radio!-OSAKAJOH YAON-

2016年5月15日曜日、大阪城音楽堂にて開催された。大阪の初夏の野外音楽フェスとして、すでに定着した感のあるこのイベント、今年は本当に抜群の天気で、それぞれのアーティストの素晴らしいパフォーマンス、そして、イベント丸ごと楽しんでやろうという観客の空気に、最高の時間があっという間に流れていった。

Shout it out
Shout it out

このフェスには、前身のイベントがあって、それは、FM802とSPACE SHOWER TVの共催~“SWEET LOVE SHOWER SPRING”というものだった。このイベントの頃は、自分も何度かMCを担当させて頂き、この頃も両局の持ち味が存分に活かされたラインナップで、初夏の風物詩となっていたと思う。

Brian the Sun
Brian the Sun

Rockin'Radioになってからも、もちろん前身イベントを踏襲する形でのスタートだったと思うが、徐々にそこに独自性を持たせ、どんどん進化していった。なにより、FM802の各番組との連動。単独開催~自分たちのイベントだ、というスタッフやDJの思いがそこに乗り、ラインナップされたアーティストたちを、それぞれと親交の深い番組やDJが各々盛り上げていく。今年は、オープニングアクトを投票で選ぶ、という企画も行われた。開催前に、リスナーと2WAYで盛り上げていく、という点ではとても面白い企画だったと思う。もちろん、全てのアーティストが素晴らしかったわけだが、今年は7月にメジャーデビューする大阪のバンド、Shout it outと、同じく大阪のバンドで、5月度のFM802邦楽ヘビーローテーションアーティスト、6月1日にメジャーデビューを果たすBrian the Sunが選ばれ、どちらも溌剌としたライヴを披露してくれた。

WANIMA
WANIMA

本編のトップバッターはWANIMAだった。ここでも書いたが(くまもとが熱い?!~ぞくぞく登場する注目アーティスト)自分と同郷の熊本出身、ステージでは地震のことにも触れながら、いつものスタイルで本編スタートからいきなり会場を熱く湧かせた。ブレずに自分たちのスタイルで、想いを届ける。自分の方がすごく年上だが、そのスタイルにすごく心を打たれた。

SUPER BEAVER
SUPER BEAVER

次に登場したのはSUPER BEAVER。2005年に結成~活動開始。ここ数年、急激にどんどん注目を集めているバンド。その、“ブレイク前夜”感がビシビシと伝わるライヴだったし、観客の空気からもそれが分かった。この空気が漂う瞬間に立ち会えるのはすごく嬉しいし、ずっと記憶に残る。

ドラマチックアラスカ
ドラマチックアラスカ

神戸のバンド、ドラマチックアラスカは、新曲「河原町駅」を、自分や、自分の番組スタッフがとても気に入っており、このフェスを盛り上げる一環として、番組のゲストにも来てもらい、他のバンドに負けるなよ!的な、煽りをしていた。勝ち負け、ではないが、その期待に充分応えてくれたパワフルなステージだった。スペシャルゲストに、“夜の本気ダンス”の米田貴紀、“フレデリック”の三原健二を迎え、3バンドによる“アラウミドス”メドレーも演奏してくれた。3バンドとも、関西のバンド。こういう繋がりも観ていてハッピーだ。

ドラマチックアラスカ×夜の本気ダンス×フレデリック(アラウミドス)
ドラマチックアラスカ×夜の本気ダンス×フレデリック(アラウミドス)
サンボマスター
サンボマスター

折り返し地点で登場したのは、今回、一番のベテランであるサンボマスター。彼らのライヴを初めて観たのが、“SWEET LOVE SHOWER SPRING”だった。そのインパクトは、先ほどのSUPER BEAVERのくだりであったように、ずっと鮮明に残っている。今回も、フェスの中盤をグッとアゲてくれる、素晴らしいパフォーマンスだった。バンドのキャリアや、誰のファン、ということではなく、みんながこのイベントのすべてを余すところなく楽しもう、としてくれている雰囲気が、時間が経つにつれ、どんどん大きくなっている気がした。

Suchmos
Suchmos

サンボマスターをフックに、後半はまた違うスタイルのバンドが続く。まずは、今、全国で一番注目されているといっても過言ではない、Suchmosが登場。タテノリからヨコノリへ、抜群の天気に、ビールとグッドミュージック。この日、自分はイベント自体に携わる仕事は特別なかったので、働いている仲間には申し訳ないが、YONCE君の声と、バンドのグルーヴに、アルコールと共に身を委ねた。

Keishi Tanaka
Keishi Tanaka

内輪の話になるが、このイベントのプロデューサーの意向で、それぞれのアーティストのライヴ終わりに、バックヤードで声をかけてほしい、と伝えられ、ライヴが終わるごとに、DJや番組ディレクターたちがバックヤードを訪れ、親しいアーティストには感想を話し、初対面のアーティストには挨拶を交わし、交流を深めた。この時間が、次の番組作りへのヒントになり、次のイベントへのスタートになる、と思った。もう長い付き合いになったKeishi Tanakaにも、ポップでハッピーなステージに直接賛辞を送り、写真を撮った。バックヤードも、そんな雰囲気で、様々なアーティストとDJたちで記念撮影をし、ステージもバックヤードも同じ、あたたかい空気でずっと包まれていた。

バックヤードにてサンボマスターとFM802 DJによる記念撮影
バックヤードにてサンボマスターとFM802 DJによる記念撮影
cero
cero

気持ちいいヨコノリのグルーヴをキープしつつ、この日も唯一無二の存在感を放ったceroのステージ。ボーカル高城君の楽しそうな笑顔は、観客を残らず皆笑顔にする。彼らも今、日本のミュージックシーンにおいて、とても重要な存在であり、そんなバンドのボーカルである高城君が今、FM802でレギュラー番組のDJを担当してくれていることは、同じDJ仲間としてすごく誇らしい。

夜の本気ダンス
夜の本気ダンス

会場をガラッとタテノリに変えた、京都発のバンド、夜の本気ダンス。ここまでの盛り上がりに、日も落ち始め、雰囲気も変わり、ステージは佳境へと向かっていった。大先輩である“髭”の須藤寿をゲストに向かえそれぞれの曲をコラボレーション。同郷のバンドの繋がり、そしてお互いをリスペクトし合う先輩後輩の繋がり。こういうコラボレーションもまた、観客に「来てよかった。いいものが観れた。」と思わせる瞬間だと思う。

夜の本気ダンス×須藤寿(髭)
夜の本気ダンス×須藤寿(髭)
クリープハイプ
クリープハイプ

そして、トリを務めたのは、クリープハイプ。どのバンドとも違う、彼らが放つ説得力。この日の、このイベントの、終着点にふさわしい、感動的な時間になった。尾崎君の優しいMCと、エッジの効いたパフォーマンス。誰もが満足感でいっぱいの一日になったと、確信した。

今やラジオは、単なる音声メディアではないし、それだけではいられない。前にもここで書いたが、自分も所属するFM802は、放送とイベントは両輪であると思うし、SNSや、映像コンテンツも含め、表現方法はどんどん進化している。その根底にあるのは、至極当たり前であり、結局全てそうなのだが、人と人との繋がりである。アーティストとDJ、アーティストとスタッフ、DJとスタッフ、何よりステーションとリスナー。今回、たいして仕事もしてないのにおこがましいが、このイベントを通して、あらためて確認と、確信を持ち、さらなる進化への努力を惜しまない、と誓った。

(敬称略)

(協力・写真提供:FM802

(撮影:渡邉一生・JP)