苦境やスランプに「どハマリ」しそうなときに思い出したい「3つのP」とは何か?

 人は生きていれば、さまざまな「苦難」に直面します。  

 そして、この世には、苦難に直面したときに、それを乗り越えられる方と、苦難を目の前にして戸惑い、逡巡してしまう方がいらっしゃいます。

     

 近年、学術研究の現場では、このことに焦点があたっています。

 苦難に直面したときに、どういう人であるならば、そこから這い上がることができるのか?

 逆境に苦しみつつも、快復をとげられる人がいるのは、なぜなのか?

   

 学術研究の世界では、「苦境や困難からの回復」を可能にするような個人的資質・個人的能力のことを「レジリエンス」といったりします。

   

  ▼

  

 せんだって、フェイスブックCOOのシェリル・サンドバーグさん、ペンシルバニア大学の組織心理学者であるアダム・グラントさんがお書きになった「Option B(オプションB)」を読みました。

「OptionB」は、FacebookのCOO・シェリル・サンドバーグさんが、愛する夫を亡くされたことがきっかけになり、書き記された書籍です。

  

 この世は「Option A(最善の選択肢)」ばかりが並ぶ「バラ色の人生」ばかりとは限りません。

 まことに残念なことですが、そもそも「バラ色の人生」を送れない人も、いらっしゃいます。また、いっときは「人生がバラ色」でも、みるみるうちに、色あせてしまう人もいらっしゃいます。

 人は、生きていれば、いつか苦難に直面し、「OptionB(次善の選択肢)」を選ばなくてはならなくなる。そうしたときに、いかに、この苦難や逆境から快復できるのかというのが、本書のタイトルであり、テーマです。

 

 本書は、シェリル・サンドバーグさんが「夫の死」という苦難を目の前に、いかに戸惑い、いかに乗り越えようとしたのか。そうした実話をもとにして、「レジリエンスとは何か?」について論じています。

  

  ▼

  

 本書を読んで興味深かったことはいくつもあります。

 が、敢えてひとつ選べというのであれば、冒頭で引用されている心理学者・マーティン・セリグマンの「3つのP」というお話です。

  

 マーティン・セリグマンは「学習性無気力」の概念やポジティブ心理学の主張で超有名な研究者で、元・心理学会の会長をつとめた方です。

 彼がいうには、「人が苦難から快復することを妨げてしまう要因は3つある」のだそうです。それが下記に示す「3つのP」です。これらの「3つのPの考え方」が「邪魔」をして、人は、「苦難」や「苦境」を乗り越えることができない。

   

1.Personalization(個人化)

  自分だけが悪いのだと考えてしまうこと

2.Pervasiveness(普遍化)

  今、自分をおそっている出来事が、人生のすべてに影響すると考えてしまうこと

3.Permanence(永続化)

  ある出来事の余波は、いつまでも続くと考えてしまうこと

  

「自分だけが悪い」「こんなことがあったら、すべておしまいだ」「この悪影響は未来永劫つづくだろう」・・・こうした考えに、人が「囚われてしまった」ときに、人は、もともと持っている「レジリエント能力」を発揮できなくなってしまいます。まことに興味深いことです。

   

 実際の人生は、おそらく

  

 あなただけではなく、「誰も」が、苦難に直面し

 シンドイことの悪影響は、「人生のある部分」だけにしかあらわれず、

 しかも、シンドイことは「永続しない」可能性の方が高い

 のでしょう。

 だけれども、苦難に直面し、これを乗り越えることのできない人は、こうした考えをとることが、なかなかできません。

 比喩的に申し上げるのであれば、

   

 人は、かならずしも苦難に苦しむわけではありません。

 苦難にまつわる「囚われた考え」に苦しむ側面もある、ということなのでしょう

  

  ▼

  

 今日は「苦難をいかに乗り越えるのか」という話をさせていただきました。

  

 人は生きていれば、必ず、苦難に直面します。

 おそらく、今は、幸せな人々も、多かれ少なかれ、近い将来的には、様々な苦難に直面することでしょう。

 そんなとき、セリグマンのいう「3つのP」に陥っていないかを、チェックする、ほんの少しの心の余裕が欲しいものですね。

  

 そして人生はつづく

(本記事は、立教大学教授・中原淳の個人ブログ「NAKAHARA-LAB.NET」からの転載・加筆記事です)