「最近の新人は打たれ弱い」のか、そもそも「仕事環境が無理ゲー」なのか!?

「最近の新人は"打たれ弱くて"困りますね。昔は、こうじゃなかったのにな。すぐにヘナーってなっちゃって、仕事を続ける自信がなくなりました、とか言っちゃう」

あるところで、こんな話題を耳にしました。

なるほど。

「打たれ弱い」ね。

僕の専門は「人材開発」

今日は、これについて考えてみましょう。

まず、「へそ曲がりな僕」は、「新人は打たれ弱い」という命題そのものを疑います。

もし仮に「打たれ弱いこと」を「仕事を任せるとヘナーっとなってすぐに自信を失うこと」とするならば、そうした状況が生まれる理由として、もうひとつの可能性を考えます。

本当に、ここ数年、「新人は打たれ弱くなっている」のでしょうか。

賢明な方は、ここにもうひとつの仮説立案の可能性を考えられるはずです。

最大のツッコミポイントは、

「新人本人が打たれ弱い」んじゃなくて、

「新人を取り巻く環境がシンド」くなってるんじゃないの?

というものです。

「仕事を任せるとヘナーっとなってすぐに自信を失うこと」の規定要因を、前者は「新人本人の個人の資質」に求めますが、後者では「新人本人を取り巻く環境」に求めます。

たとえば、

・そもそも仕事がかつてよりも難しくなってきている

・仕事で要求されるスピードが以前よりも増している

・先輩社員も忙しくって、助言をする余裕がなくなってきている

・マネジャーも忙しくて、観察や指導ができなくなってきている

こういう具合に、「新人そのひと」ではなく、「新人をとりまく環境」こそが変化しているとき、こうした激烈な環境で仕事をするのですから、新人側には以前よりは「負荷」がかかります。

結果として、「仕事を任せるとヘナーっとなってすぐに自信を失うこと」が以前よりもはやく現象としてあらわれることになります。

こうした状況を見たとき、人は

「最近の新人って、打たれ弱くなっているよね」

と結論づけます。

本来ならば、「新人を取り囲む環境」にも目が向けられなければならないのに、「新人本人の個人的資質」に理由を還元して、思考停止してしまうのです。

それは「無理ゲーなロールプレイングゲーム」をやるようなものです。

今、はじめて、街を出て、冒険に出ようとしているプレーヤーがいます。

プレーヤーは「経験値」もなく、「体力」もありません。

とりあえず着の身着のまま「皮の服」だけを着て「素手」で敵と戦おうとしています。

ちなみに、プレーヤーは「孤独」です。仲間はまだいません。

とにもかくにも、この条件で、敵に勝って「経験値」をためなくてはなりません。

セオリーどおりいけば、街を出たら、おそらく「スライム」が1匹でてくるはずです。

しかし!!!

新人の期待は大きく裏切られます。

出てきた敵は「スライム100匹」でした。

しょっぱなからフルボッコ。

無理ゲー
無理ゲー

あべし。

ゲーム設定そのものに「無理」がないですか?

これ、「無理ゲー」じゃね。

今日は「新人は打たれ弱くなっている」という命題について考えました。

この命題を聞く度に、僕は上記のような思いをもちますが、そもそも

元来、

「新人とは、もともと打たれ弱い存在なのではないか?」

という思いもいたします。

「最近の新人は打たれ弱くなってきていて、困るよねー」と言っている当の本人も、10年前ー20年前の昔をさかのぼってみれば、「打たれ弱かった」(笑)。

しかし、当時は、当の本人を取り巻く環境が、今よりもしんどくなかった、という仮説も成立します。

だから「打たれ弱かった」なんだけど、何とかサバイブできた(笑)

ぜひ、皆さんも、それぞれの状況で一寸考えて頂きたいのですが、

新人本人が「打たれ弱く」なっているのか?

それとも

新人が「ヘナーっ」となってしまうほど環境が「シビア」になってきているのか?

おそらく究極を言ったら

「そんなもん、両方だよ」

って感じになりますが、皆さんの組織では、いかがでしょうか?

せめて、「武器」くらいもたせて、街から出してあげなよ

そして人生はつづく

(本記事は、中原の個人ブログ「NAKAHARA-LAB.NET」に掲載されていた記事を、加筆・修正したものです)