「ホワイト企業」の「ブラック職場」に巣くう「ブラックマネジャー」!?

(写真:アフロ)

 昨今「ブラック企業」「ホワイト企業」という「二分法的なコンセプト」が人々によく用いられています。

 経験の浅い若年層をこき使い、使い捨てにするなどのことは、「人材開発の専門家・研究者」として断じて許すことはできません。

 まことに微力ながら、ブラック企業の早期の根絶の試みに、御協力させていただきたいと思います。

 そのことは、まず最初に表明させて頂きます。これは強調しすぎても、しすぎることはない。

  ▼

 しかし、敢えて申し上げるのだとするならば、

 「ブラック企業」「ホワイト企業」という「二分法的な企業分類」が果たして妥当なのかな

 という思いを、専門家として、どうしても持ってしまうことも「否めぬ事実」です。

 世の中の企業は「ブラック企業」か「ホワイト企業」の2つに1つなのでしょうか?

 それって少し単純化しすぎじゃない

 とどうしても思ってしまいます。

 

 といいますのは、僕が企業を対象に組織調査を行うときには、職場ごと、ラインごとにデータを集計します。

 そのような職場事のデータを眺めておりますと、

「同じ組織であって、職場が違えば、別組織」

 と思えるような「組織内の、職場間の、とてつもない違い」を目にすることが多いのです。

 働きがい、モティベーション、組織の風土は、職場やマネジャーの力量や資質によって、大きくかわります。

 会社・組織はたとえホワイト企業として有名であっても、職場レベルでは、その労働、生活は、ブラックにも、グレーにも、ホワイトにもなりえる

 ということがわかります。

 単純に調査データから現実はなかなか推し量ることはできませんが、データを見詰めておりますと

「同じフロアにある職場なのに、こちらは天国、3メートル先は地獄」

「同じ敷地内にある職場なのに、あっちはパラダイス、こっちはデスマ(デスマーチ)」

 という状況が起きていることを、ついつい想像してしまいます。

 つまりは、職場ごと、マネジャーによって、職場メンバーの働き方が相当変わってくるということです。

 ここで妄想力を高めて、ひと言で申し上げますと、

「一見、ホワイト企業に見えても、ブラックな職場は存在する」

 ということになります。

ま、要するに、「ホワイト企業のブラック職場」ということですね(泣)。

 大学ですと「ホワイト大学のブラック研究室」ですか?(泣)

 つまり、ブラック、ホワイト、ないしはグレーという分類は、「組織レベル」ではなく、「職場レベル(職場単位)」や「マネジャーレベル」で分類することもできるということですね。皆さんのまわりにもあるでしょう?

 ブラックな職場、ホワイト職場、グレー職場、ダークグレー職場が・・・(笑)

 ブラックマネジャー、ホワイトマネジャー、グレーマネジャー、限りなくブラックに近いマネジャーとかも(笑)

 

 くどいようですが、組織ぐるみで「ブラックな人材活用」をする企業は、断じて許されることではないことは、言うまでもありません。

 

 それに加えて、私たちは「ホワイト企業のブラック職場」や「ホワイト企業のブラックなマネジャー」にも目配りが必要なようです。

 そういうのは、早急に仕事を振り返って頂き、改善していただきたいものです。

 ▼

 今日は、「ブラック」「ホワイト」という分類が、組織レベルではなく、職場ごとに変わってくるよね、という話をしました。

 こういう話をいたしますと「何を今さら!考えてみれば、あたりまえ」のように感じますと、その分類が組織レベルで認識されることを「是」といたしますと、ともすれば見過ごされがちなのかもしれません。

 結局、職場とは「ブラックボックス(暗箱)」なのです。 

 中で何が行われているか、どのような力学や権力が作動しているか、そしてどんな出来事が起こっているかは、ともすれば、外から見えにくいものですし、介入も難しいものがあります。

 人事・経営といえども、職場の成果(プロダクト)はわかっていても、そこで何が起こっているか(プロセス)は、なかなか見えにくいものなのでしゃないでしょうか。

 本来昇進させてはいけない人をマネジャーにしたり、定点観測・観察・ヒアリングなどを行わず、職場をブラックボックスのままにしておいたり、またマネジメントの基礎ややってはいけないことをきちんと「教育訓練」する機会を省いていたりすると、職場の風土は荒れていく可能性が高くなっていきます。

 結局

 クオリティチェックのない権力は、必ず腐敗する。

 プロセスモニタリングのない権力は、もれなく腐敗する。

 ということです。

「組織ぐるみのブラックさ」は言うまでもなく根絶するべきものですが、「職場レベルのブラックさ」も、個人的には、大きな問題であると感じています。

 そして人生は続く

(本記事は、中原の個人ブログ「NAKAHARA-LAB.NET」に掲載されていた記事を、加筆・修正したものです)