「残念な研究計画書」に陥らないために心がけたい5つのポイント!?

(写真:アフロ)

大学教員をやっていますと、年間で、大量の「研究計画」に出会います。

学生が研究をはじめる前には「研究計画書」を書かなくてはなりません。

本来ならば「よい研究計画書の書き方」を素直にお示しすればよいのですが、それでは面白くないので、本日は、

「あー、そう書くと、残念な研究計画書になっちゃうよ」

という失敗事例について書いてみたいと思います。

これを「裏返せば」、よい研究計画が書けるかも?しれませんので、どうかご笑覧ください。

残念な研究計画書、いいかえれば「アチャパー、やらかしちゃいましたね」といったような研究計画書を書くコツ(?)は、次の5点です。

1.研究しない

2.絞れていない

3.調べていない

4.主張していない

5.出来ない

1から5まで、これを、時間の許す限りにおいて、少しずつ説明しきたいと思います。

1の「研究しない」というのは、一寸、冗談のように感じます(笑)。

だって「研究しない研究計画書」というのは、形容矛盾ですから

でも、これ、本当によくあることです。

具体的には、このタイプ1の研究計画書には、ざっくりいうと、

「人材育成について勉強したいっす」

とか

「人的資源管理について体系的に勉強したいっす」

と研究計画書に書いてあるわけです。

僕の専門が「人材開発」「人的資源管理」なので、事例はそれになってしまいますが、すみません。

しかしながら、こうした研究計画を拝見しますと、残念な気持ちになってしまいます(笑)。

ガクン。

大学院は「研究」をするところであり、「勉強」は「研究を通して」するものです。

「勉強」するのは、あたりまえのことであり、敢えて、述べることでもないことです。

研究計画書では、その先のこと、「自分の探究したい課題」、すなわち「研究」について述べなければならないのです。

研究計画書は、「勉強宣言書」ではないのです。

この状態、ビジネスの文脈に喩えていいますと

「あなたは、どんな商品を開発したいですか?」

と聴かれているのに、

「(商品を開発するための)化学を、今から、勉強したいです」

「(商品を売るための)経営学を、一から、勉強したいです」

と答えていることに近い状態です。

その「残念っぷり」がおわかりいただけるかと思います。

続く、2なのですけれども「絞れていない」というのは、もっとも、よくある「残念な研究計画書」の症状?です。

たとえば、こういう感じです。

「オラは、OJTについて研究するナリよ」

そうナリか(笑)

突然「コロスケ」登場ですね。

久しぶりのコロスケは、まことに懐かしいのでしょうが、しかしながら、上の研究の射程は、「広っ」て感じですね。

「広っ。もっと焦点を絞りましょう」

OJTっていったって、誰に対するOJTを研究したいの?

どんな企業規模でのOJTを研究したいの?

どんな業種でのOJTを研究したいの?

このように焦点を絞らなければ、なかなか研究にはなりません。

上記のような文言を、研究計画書で見つけると、それはそれは、残念な気持ちになります。

この状況、ビジネスのコンテキストにひきつけて考えるならば、仮にIT企業だといたしますと、

「我が社は、どんな製品をつくればいいのでしょうか?」

という問いに対して、

「コンピュータっす!」

と答えるようなものです。

「誰が、どんなコンテキストで使い、どんな特徴をもつコンピュータで、競合と何が違ってて、どんないいことがあるのか?」

と聴きたくなるでしょう?

先ほどのコンテキストに戻しますと、それって、どんな場所で、どんなときに、誰に対して行われるOJTなの? さらにいうならば、そして、なぜ、それが問題で、それを解決することが、どんなメリットがあるの?

という疑問はわいてきます。

最低でも、ここまで絞れると、より具体的になります。

1.Where + When + Who(どこで、いつ、誰が)

2.Why(何が問題なのか)

3.Social Impact + Academic Impact

(社会や学術にどんな影響があるのか?)

たとえば、あくまで例ですけれども、先ほどのOJTを例にしますと、下記のようなイメージのように「絞ること」ができます。あくまで例ですよ、これが、研究として、本当に成立するかどうかは知りません。

中小企業で 組織参入時に行われる 新卒大卒者に対するOJTに関する研究

(Where + When + Who)

をしたいと思う

理由は(Why)、

中小企業にはなかなか人材育成投資にまわす資源がなく、企業規模にあった効率的なOJTのあり方を模索することが必要である。特に、新卒大卒者は増えていることから、これに関する研究が必要である

これをおこなえば、

日本の9割以上を占める中小企業の経営を支えることができる(Social Impact)

学術的にも中小企業の研究は少なく、貴重な知見を提供できる(Academic Impact)

ということになるのでしょう。

あくまで例です、例。しかし、絞り込んで、明確にしていくというのは、こういうことです。

3「調べていない」、4「主張していない」というのは、実は2「絞る」を行っていくためには、不可欠なことになります。

それは上記の「Academic Impact」にかかわることです。

研究は、あくまで「オリジナリティ」を主張しなくてはなりません。

つまり、どんなに実務的には解決しなければならなくても、「すでに誰かが研究をしていたら」、Acadeic Impactは「ゼロ」なのです。

ですので、以前、どこかの誰かが、同じようなことをやっていないかどうか、先行研究を調べる、ということをきちんとやらなくてはなりません。

先行研究を「調べ」、適宜、それを「引用」しつつ、オリジナリティを「主張」しなくてはならないのです。これがAcademic Impactを語ることです。

具体的には、Ciniiなどの論文データベース、専門書、研究書、論文を読みながら、何がわかって、何がわかっていないかを、調べて、オリジナリティを主張しなくてはなりません。最低でも、そのくらいはしないと、研究計画書は書けません。

cinii

http://ci.nii.ac.jp/

しかし、どうにも、「残念な研究計画書」には、これがないのです。

だから、何がオリジナリティなのかがわからない。

うーむ、残念です。

最後の5「出来ない」は、フィージビリティ(実現可能性がない)ということです。

要するに、研究計画としては絞れているし、先行研究も調べているし、オリジナリティを主張もしている。でも、「たぶん、それ現実には出来ないよ」というような研究計画というのがままあります。

たとえば

新入社員が3年間でどのように熟達するかを参与観察する

とかですかな。

あのー、君、学部4年生だよね・・・来年卒業なのに、その研究できるの?

あのさ、君、修士だよね。修士というのは2年間なのですけれども・・・。

それに、3年間、新入社員を追っかけることを許諾してくれる職場ありますの?

たぶん、それできないよ(フィージビリティゼロ)。

たとえば

経営者1000人にヒアリングをして・・・・

あのー、そんなコネあんの?

という感じです。

つまり、研究の実現可能性がない。

どんなにすぐれた研究計画でも、実現可能性がないものは、やはり「残念だな」と思います。

以上、つらつらと、「残念な研究計画書」の書き方を5つにしぼり書いてきました。

もちろん、残念な研究計画書が増えればいいのではなく、その逆でございます。素晴らしい研究が増えることを願っています。

一番いいのはですね、お近くに大学院生や研究をやったことのある人がいたとしたら、自分の書いた研究計画書を見てもらい、コメントをもらうことかもしれませんね。

そして人生は続く

---

(本記事は、中原の個人ブログ「NAKAHARA-LAB.NET」に掲載されていた記事を、加筆・修正したものです)