上司にケチョンケチョンに罵倒されて「やる気スイッチ」が入る人なんていない!?

(写真:アフロ)

 かなり前から何度となく言っていることですが、僕は「発憤(はっぷん)」という言葉が、どうも好きではありません。

「発憤」とは、辞書によりますと「気持ちをふるい起こすこと」とあります。

 もちろん、この意味自体に、小生、ことさら「好き嫌い」があるわけではありません。どっちでもいいよ、別に。

 しかし、「発憤」の「巷における具体的な利用例」に話がうつってくると、話は別です。

 どっちでもよくない、全くよくない。

 僕は「発憤させるというロジックのもとに行われる人々の行為」ーすなわち、相手を罵倒しやる気を高めようとする行為があまり好きではありません。

 「発憤させるという行為」自体に、あまり「知性を感じないこと」も、その理由のひとつなのですけれども、何より「効率的」ではないように思います。

 「発憤」は「効率的」でも「合理的」でもない。

 むしろ「感情的」で「扇情的」で「場当たり的」です。

 だから嫌い

  ▼

 「発憤」という言葉のもとに、現場で、どのようなことが行われるかというと、たとえば、こういうことです。

「上の人が下の人に対して、下の人が反発心を憶えるような"相当厳しいダメだし"をケチョンケチョンに行い、下の人が、"なにくそ"と反発心を憶えることで、モティベーションがあがり、物事に積極的に向き合うようになる」

 というようなイメージでしょうか。

 ま、簡単にいうと(笑)、

 反発を憶えるような強烈なダメ出しで、

 目を輝かせるようになった!

 前とは見違えるように物事に取り組むようになった!

 ということでしょうか。

 ワンセンテンスでいえば

''' 罵倒- なにくそ- きらきら!(笑)

'''

 かな(笑)

  ▼

 確かに「強烈なダメ出し」も時には必要なこともあるでしょう。

 もちろん、「人格否定につながりかねないダメ出し」は差し控えることが必要でしょうが、とはいえ、この世の中では「どんなに厳しいことでも、言わなければならないことは言わなくてはならない局面」は、確かに存在しそうです。それは確かにある。

 ただし、それが行きすぎ「反発心を喚起するような強烈なダメ出しをケチョンケチョンにおこなうこと」につながると、話はどうか。

 特に発憤が想定する「ロジック」である「反発心を喚起するような強烈なダメ出しで、目を輝かせることにつながる」というセンテンスになりますと、確率論的に、これが奏功する可能性がどうでしょうか。

 僕は、必ずしも、そうはいえないことの方が多いような気がするのです。

  ▼

 といいますのも、僕は、40年弱生きてきて、自分自身、

「罵倒されて、目をきらきらと輝かせたこと」など一度もありません。

 単純に相手に対する「怒り」が、フツフツ、メラメラとわいただけ(笑)。いつか、殺すリスト」に、罵倒した相手の名前を書き加えただけです。そして、丑三つ時に、そのリストと釘をもって、神社にでかけただけ(笑)。すみません「根暗」で(笑)。

 また、僕は、40年弱生きてきて、

「罵倒されて、目をきらきらと輝かせる人」など、一度も見たことがありません。

 15年にわたって研究者、大学教員をやっていますが、

「罵倒されて、目をきらきらと輝かせた学生」など、一度も見たことがありません。

 本当に見たことがないんです、そういう光景を。そもそもね。

 ちなみに、一般人の口から「なにくそ!」という言葉すら、聞いたことがありません。

(なにくそ!という言葉を口にするのは、アニメ業界の人と、教育業界の人くらいなんじゃないでしょうか)

 ダメ出しを行う方と、行われる方に、長期にわたるよほどの強固な信頼関係があれば、そういう事例がないわけではないのかもしれませんし、ケースバイケースなのでしょうけど、実際には、「そうならない局面」の方が圧倒的に多いのではないか、と思います。もちろん、うまくいくケースもあるんだろう。でも、確率的には、奏功する確率は高くないと言えるような気がするのです。

 つまり「発憤させよう」として「1ミリも発憤しない」。

 ありゃりゃ?

 むしろ、

 反発心を憶えるような強烈なダメ出しによって、心が折れてしまう

 強烈なダメ出しによって、やる気を失ってしまう

 強烈なダメ出しによって、反発心だけをもつ・・・メラメラ

 ことの方が多いような気がしますが、いかがでしょうか。

  ▼

 つまり'''「発憤を喚起するようなやり方」は、それほど、「効率がよくない」と思うのです。

 '''もちろん、うまくいくことも、ないわけではないのかもしれない。

 しかし、それは確率的には高くなく、むしろ「逆効果」になることの方が多いような気がします。

 しかし、一般に「発憤させる方」はそうは考えない。激昂していますから(笑)、感情高まってますから、おらおら。

 その場合、ともすれば「反発心を憶えるような強烈なダメ出し」を行ってさえすれば、「発憤して相手の目が輝く」と思ってしまう。しかし、それで可能になるのは、たいがいは、「激昂している自分の感情のカタルシス(浄化)」だけ。そういうことが多いのです。だ

 要するに、

 すっきりしているのは、怒っているアンタだけ

 ってことです。

 極めて効率がよくない。

  ▼

 これも、まことに「一般論」ですが、たいがい、上の人が下の人を指摘する場合、「指摘した内容」には間違いはないことの方が多いものです(それさえ間違っているのなら、もう論外)。つまり、下の人が「まぁ、それを言われたら、そのとおりです」ということです。

 問題は、その「指摘の仕方」です。

 その「指摘の仕方」によって、下の人は、反発したり、傷ついたり、しょぼくれたり、してしまいます。

 ここで、大切なことは、上の人が「指摘した内容」に下の人は反発したり、傷ついたりしているわけではない、ということです。

 むしろ、それよりは「指摘するやり方」が問題であることの方が、圧倒的に多い気がします。

  ▼

 さらにいうならば、この「発憤が想定しているロジック」は、行きすぎれば、「反発心」どころか、「人格否定につながりかねないような強烈なダメ出し」すら、「正当化」してしまう可能性をもっています。だって、下の人が、それに抗すれば、上の人が、つい口にしたくなる言葉はこうでしょう。

「だって、(オレがダメだしてんのは、)オマエのためだろうが?」

 このような認識のもとで、つまりは「反発心を喚起する」というロジックをもとに、「下の人のモティベーションをあげよう」と思ったのだから「何をしてもいい」と上の人が考え、どんな行為でも許されることになることを危惧します。

 つまりね、「発憤のロジック」は一見「教育的」なのです。

 しかし、そのロジックの背後に蠢く「根拠レスな権力性」や「根拠レスな暴力性」を、時にそれは「正当化」してしまう可能性を有しています。

「発憤させるためだった」ということで、どんな"教育的"行為も許されるのだとしたら、それは間違っています。そして「発憤言説?」は、それは発憤する方が、感情にまかせて、怒鳴り、怒り散らすことを正当化するロジックとして機能してしまうということでもあります。僕は、そういう「象徴的暴力」には嫌悪感を感じます。

 こんなわけで、どうでもいいことかもしれませんが、

 僕は「発憤」が嫌いです。

 少なくとも、僕を、「発憤」させないでください(笑)。

 僕、それで、全く「発憤」しませんし、目もキラキラさせませんから(笑)。

 いやー、中には、そういう「どM」な性癖をもっている人もいるかもしれないけど、

 僕は違うから(笑)

 だってね、これはさ、ここまで言葉を積み重ねなくてもさ、

 すごくシンプルなことですよ。

 もし仮にあなたが、「罵倒して他人を発憤させたい」と思ったとしたら

 ぜひ、逆の立場になって考えて下さい。

 そういう、あなたは反対に

 「第三者から罵倒されて発憤させられること」を望みますか?

 静かに言おう、ちゃんとね(笑)。

 自戒をこめて。

 そして人生はつづく

(この記事はNAKAHARA-LAB.NETの再掲です。NAKAHARA-LAB.NETは、人材開発・人材育成に関する記事が毎日投稿される中原淳のブログです)

 ーーー

■もうひとつ、こちらの記事もいかがですか?

海外勤務から帰ってきた人が「会社を辞めちゃう」意外な理由!?

http://bylines.news.yahoo.co.jp/nakaharajun/20160214-00054389/

「教養」とは「勉強」ではなく「自分を解放すること」である!?

http://bylines.news.yahoo.co.jp/nakaharajun/20160504-00057349/

「管理職にしてはいけない人」を昇進させたときのコストと悲劇とは!?

http://bylines.news.yahoo.co.jp/nakaharajun/20160429-00057184/

プレイングマネジャーに感染拡大中!?「仕事手放せない病」の治療法!?

http://bylines.news.yahoo.co.jp/nakaharajun/20160331-00056040/

「つべこべ言わずとにかくやれ!」的OJTは、いつまで通用するか?

http://bylines.news.yahoo.co.jp/nakaharajun/20160308-00055157/