「問題を抱えたあの人」に「あなたの助け」が「届かない」理由!?

(写真:アフロ)

 おおよそ、「人にまつわること」には「ディレンマ」がつきまといます。

 こと「人材開発の世界」にも、たくさんのディレンマがありますが、そのひとつに「自発性のディレンマ」というものがあります。

「自発性のディレンマ」とは、こういうものです。

 今、仮に、「業務能力に問題のある人」を支援するために、ある「学習プログラム」をつくったとします。工夫をこらしてつくりあげた「学習プログラム」を、ぜひ、「問題を抱えた、あの人」に「自発的」に受講して欲しい。主催者としては、そのように考えます。

 しかし、実際、「ふた」をあけてみると、学習プログラムを自発的に受講してきたのは、「優秀で、アンテナが高く、いわゆるハイパフォーマーとよばれる人」しかいなかった。

 

 すなわち、

「自発性」を基軸にして「助け」を提供しようとすると、本来「助け」が必要ではない人に「助け」が提供され、本来「助けなければならないもの」には「行き渡らない」というジレンマが生まれてしまう

 ということです。

 

  ▼

 じゃあ、このとき「問題を抱えている人」はどのような「意味づけ」をして「参加」を「見送っていた」のか?

 ヒアリングを重ねてみると、「このプログラムが自発的参加であるから、自分は参加しなくてはよいのだ」という意味づけを行っていることがわかりました。「自発的」であるものにわざわざ、自ら出かけていくのは「損」である。ゆえに参加はしない。

 すなわち「自発参加」という形態で学習プログラムを運営する限りにおいて、「本当に支援が必要な人」にはプログラムは届かない、ということになります。

  ▼

 じゃあ、ここでプログラムを敢えて「必修」「強制」にするとどうなるか?

 今度は、「問題を抱えた人」は「やらされ感」を漂わせ、いやいや満点ムードで、ワークショップにあらわれます。

 よって、どんなにプログラムの学習効果が高かったとしても「効果はなし」。だって、「やる気」がさらさらなくて、かつ「やらされ感」満点なのだから。

 つまり、結論を申しますと、

 学習プログラムは「本当に届けたい人」には「届かない」

 ということになります。

 悲しいことですが(泣)。人材開発の世界では、このようなことがよく起こります。

  ▼

 さらに悪いことに、こうした場合、「格差がさらに広がってしまう」ということが、頻繁に起こります。

 優秀な人は、そのプログラムに参加し、さらに力をつけ、自信をもつようになりました。

 しかし「本来受けさせたい人」は、自ら、そこに参加することはありませんでした。

 結局、

 「できる人」はさらに「できるようになる」

 「できない人は変わらない」

 

 その結果、

 「集団間の能力格差」ー「できる人」と「できない人」の格差が、以前よりも、「さらに拡大」することになりました、あべし(泣)。

  ▼

 結局、

 第三者である他人には、「人を変えること」はできません。

 できるのは「変わりたいと願う人」を支援すること

 なのかもしれません。

 このような状況下において、「問題を抱えたあの人」を支援するためにできることは、「変わりたいと願うこと」をまずは探してあげることなのかもしれません。どんな人にも、「変わりたいと願う気持ち」があるのかもしれません。

 最初は、そこをともに探し、それを基軸に、スモールステップで、できることを増やして、自信を回復させる。

 「変わりたいと願う気持ち」や「やればできる」という「自信」を回復させるところから、まずはスタートするしかないのかもしれません。それはそれは「長い道のり」になるのでしょうが、「千里の道」も一歩からだと思います。

 ▼

 今日は、人にまつわるディレンマのうち、人材開発業界に頻発するディレンマー「自発性のディレンマ」を書きました。

 この問題、結構、ここあそこで起きているような問題のように思えますが、皆さんの組織ではいかがでしょうか?

 そして人生は続く

(本記事は、中原の個人ブログ「NAKAHARA-LAB.NET」に掲載されていた記事を、加筆・修正したものです)