「パパ、僕って手遅れなの?」:9歳の子どもが怯える「早期教育・手遅れ言説」!?

(写真:アフロ)

 先だって、9歳になる息子が、突然、こんなことを、僕に言ってきました。

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・

 ねー、パパ。

 僕さー、テストで、

 そんなに、いい点数を

 とってこないときもあるけど、

 もう「手遅れ」

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・

 「は?」

 我が息子が、一瞬、何を言っているのかわからなくて、我ながら「ハトが豆鉄砲」をくらったような顔をしてしまいました。

 僕が、

「どうして? 手遅れだと思うの?」

 と聞くと、

 息子曰く

 こないださー

 Webを見てたらさー

 早いうちにできないと

「手遅れ」なんだって。

 そう、書いてあった

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・

 あっ、そう、そういうことね(笑)。

 Webには何が「手遅れ」と書いてあったのかわからないけど(笑)。

 いつも君の会話には「主語」とか「目的語」がないよねぇ・・・トホホ。

 でも、パパはこう思うよ。

 僕は息子に、こんな風に話しました。

  ▼

 パパは、君が「手遅れ」だとは思わない。

 いつもどおりで「大丈夫」だ。

 今までどおり、朝ご飯をたべて、

 決まった時間勉強して

 風呂入って、夜寝ればいい。

 いつもどおりの「習慣」で

 いつもどおりに暮らせば良い。

 その上で覚えていて欲しい。

 

 人生は「マラソン」みたいに長いんだよ。

 10メートル競争で「勝った」からといって、

 それがイコール、「ゴール」じゃない

 1メートルやそこら、人より前に出たからといって、

 安泰なわけじゃない。

 パパですら、いまだに、マラソンを走っている。

 30年たって君がパパの年齢になっても、君は走っているはずだ。

 たかだか数メートル先にでることは、その程度の意味しかない。

  ・

  ・

  ・

 Webには、いろんな人がいて、

 いろんなことを言っている。

 

 世の中には

 早いうちにやっておかなければ「手遅れになりますよ!」

 と大宣伝することで

 他人を動かそうとするものがある

 そして、

 早いうちにやっておかなければ「手遅れになってしまう」と怯えてしまい

 動いてしまう人もいる。

 

 自分に関係することだけは、

 「ジョーカー」をひきたくないという気持ちが誰しもある。

 

 それはパパにだってある。

 その気持ちはパパには、わかるんだ。

  

 でも、そういう気持ちがあまりに強すぎると、  

 「手遅れ」という言葉に

 敏感に、かつ、過剰に反応してしまう。

 かくして、世の中には「手遅れ」という言葉が反乱している。

 それを君は目にしたんだね。

  

 でも、大丈夫だ。

 人生は「長い」

 そのことには、パパですら、びっくりしている。

 本当に考えている以上に、「長期戦」なんだ。

  

 「手遅れになること」はもちろんゼロじゃないかもしれない。

 でも、たいていのことは「今からだって間に合う」んだよ。

 人生のなかで大切なことは、

 たいてい「いつだって学びなおせる」んだよ。

 でも学び直すかどうかは「意志の問題」だ。

 世の中には「手遅れ」だと思って諦めちゃう人もいる。

 まだまだやれると思う人もいる。

 「学び直す」かどうかは「自分で選びとること」だ。

  ▼

 話終わったあとの息子は、「ふーん」という感じでした。

 「説教臭いオヤジ」ですまん(笑)

 自分の専門に近いので、ついつい熱くなってしまった。

 

 でも、わかってくれたかなぁ・・・。

 

「ま、手遅れじゃないってことだよね」

 とは言っていたけど(笑)

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・

 世の中には、かくのごとく「手遅れ言説」が広まっています。

「手遅れ」と喧伝することで他人を動かしたい人と、「自分に関連することだけは手遅れにしたくない」と怯える人の「関係」の中で、様々なサービスが売り買いされます。

 ちなみに「手遅れ言説」が「黒魔術的」にパワフルなのは、それが「時間の不可逆性」と「教育の遅効性」と「親の愛情言説」を基盤にしているからです。

 すなわち

「今、早期に投資をしておくかどうかは、個人の自由意志だけれども、後になってから時間はさかのぼることはできないこと(時間の不可逆性)

 と

「今、投資をおこなわなければ、取り返しのつかないことがおこるかもしれないし、おこらないかもしれないけれど、その効果はあとになってあらわれるので、現段階では予測・検証不能であるということ(教育の遅効性)

 と

「親が愛情をもっていれば、投資をおこなえるはずである(親の愛情言説)」

 とが重なり合うところに「手遅れ言説」の基盤があるのです。

 そして、これに抗することは、それなりの意志と信念が必要になる場合もあります。

 そして、そのなかで揺れるのは、時に親ばかりではない

 手遅れ言説の中で、子どもが「揺れる」こともあるようです。

 僕って、もう「手遅れ」なの?

 まだ、人生のマラソンで、1キロすら走っていないのにね・・・。

 自戒をこめて

 そして人生はつづく

(本記事は、中原の個人ブログ「NAKAHARA-LAB.NET」に掲載されていた記事を、加筆・修正したものです)