グローバル化とは「まさか、自分が」がひたひた広がることである!?

(写真:アフロ)

 かなり前のことになりますが、あるカンファレンスでパネリストを依頼されたとき、話が「グローバル化」という話題になりました。

 パネリストのおひとりで、あるコンサルタントの方が、

 グローバル化っていうのは、金融とかITとかそういう業界につとめる”限られたエリート"だけ関係するものであり、一般の生活をしているような多くの人々にとっては、あまり「縁のない話」である・・・云々かんぬん

 といった趣旨のご発言を、かなり断定的に、かつ、あまり人の話をお聞きになる様子を見せずに、非常に長い時間、なさっていました。

 あんまりにも、非常にありがたいお言葉が続くので「へー、そう思うんだ」と思いつつも、司会者はそれをとめる意欲を失っていいたので、「たぶん、実際は、そうはならないだろうな」と心の中で自分の思いを反芻しながら、穏やかに時間を過ごしました。

  ▼

 それからおおよそ5年。

 わたしたちの周囲の事態は、コンサルタント氏が指摘したようにはならず、これとは全く異なる「様相」を呈しています。

 

 グローバル化の影響が

 「まさか、自分が」

 というところからはじまっているのです。

 先だって、出張した際 ー僕はさまざまな職業の人に話しかけるのが好きなのですが ー 僕は、ある喫茶店に入りました。

 観光地が近い、その駅の喫茶店には、外国人の方々がいっぱい。帰り際に店員さんに伺ったら、

「お客さんの3割くらいは外国人なんですよ。まさか、自分の職場こうなるとは・・・」

 ちょっと前のことになりますが、ある工場を伺った際、60をゆうに超える熟練工の方が、海外の工場での指導を終えて帰国なさっていました。お話を伺うと

「まさか自分が外国にいって、かたことで、技術指導をするとは思わなかった。でも、海外には、昔の日本のような雰囲気があった」

 また別のところ。

 ある伝統工芸品をおつくりになっている、熟練の技術者の方にヒアリングした際、こんなことをおっしゃっていました。

'''

「おれの弟子、こいつは、マレーシア出身なんだ。最初は外国人ってことで緊張してたんだが、なんてこたーない。まさか自分の弟子が外国人になるとは」'''

 ある流通関係者の方は、こうもらします。

「最近は、人手不足で、日本人の採用がとても難しい。というわけで、外国人採用となるわけだけど、外国人が増えるってことで、管理者も外国人でいいと思っている。ちょっと前だと、まさか管理者が日本人じゃないなんて、と思われますけど」

   ・

   ・

   ・

   ・

 ほらね、「まさか・・・自分が」

 グローバル化は「限られた人」だけじゃなくて、それよりも、もっと広い裾野で、外食、製造、小売、宿泊など、様々な領域でひたひたと進行する。

 昨今のインバウンド消費の影響もあり、海外とのやりとりが日々活発化しています。

 ちなみに、人材開発の仕事にも、ひたひたと「まさか、自分」が広がっています。

 人事の諸プロセスのなかで、給与・待遇などはグローバルに統一の基準をつくることは難しいことが一般的ですが、このところ、繰り返されるM&Aの荒波のなかで、まずは「人材開発」「リーダーシップ開発」からグローバルで統一したものが広がってきています。

「M&Aした会社とまずは人事交流をしましょうということになり、リーダー研修を一緒にすることになりました。ですので、最近は、海外とのテレカンだらけですよ。まさか、自分が、こうなるとは思わなかった」

 ほらね、「まさか、自分が」。

 ほらね、限られたひとの問題じゃないでしょう?

 もっと裾野が広いのですよ。

 ▼

 今日はグローバル化について書きました。

 言いたいことをワンセンテンスで書くと、

 グローバル化とは「まさか、自分が」がひたひた進行するプロセスである

 ということです。

 そう・・・「まさか、自分が」がより広い裾野で、ひたひたと進行し、気がつけば、まわりの風景がかわっていることなのです。

 別の言葉を使えば、えっ?というところで、いやがおうでも、巻き込まれていく可能性があるものだと僕は思います。

 あなたのまわりにも、「まさか、自分が!」、広がっていませんか?

 あなたがまだ気づいていないだけかもしれませんよ?

 そして人生は続く

■関連記事

「留学して英語がペラペラになる人」と「留学しても一言もしゃべれない人」は一体「何」が違うのか?

http://bylines.news.yahoo.co.jp/nakaharajun/20160507-00057420/

グローバル化社会とは「空気読めよ」に期待できない社会である!?

http://bylines.news.yahoo.co.jp/nakaharajun/20160405-00056231/

「英語が話せない」のは「言葉の問題」ではない!?

http://bylines.news.yahoo.co.jp/nakaharajun/20160114-00053398/

(本記事は、中原の個人ブログ「NAKAHARA-LAB.NET」に2015年7月26日掲載されていた記事を、加筆・修正したものです)