「教養」とは「勉強」ではなく「自分を解放すること」である!?

(写真:アフロ)

 せんだって、あるシンポジウムに登壇した際、パネラーのお一方が、あるセンテンスを数時間にわたって連呼しておられました。

 曰く

 「これからの時代は人間力!

  そして人間力を向上させるためには

  教養を勉強すること」

 なのだそうです。

 そうなんだ、へー。

 「人間力」ね・・・「教養」を「勉強」ね。

 なるほど。

 ▼

 残念ながら、僕自身は、「人間力」という言葉を聞くたびに背筋が寒くなってしまう人間のひとりですが、この言葉ほど、利用する人の恣意によって、多様に用いられる言葉はありません。

 ある識者は、それを「コミュニケーション力」「問題解決力」「決断力」と定義します。

 ある識者によれば、それは「学力とは対角線上にある、その人の中核的能力」なのだそうです。人によっては、それを「度量」といいかえる方もいらっしゃるそうです。

 要するに、言ったもん勝ち、新春大放談よ!

 誰だ、最初にこんな怪しい言葉を捏造したヤツは!

 くどいようですが、僕には、「人間力」という「概念」が指し示すところは、さっぱりわかりません。

 ただ、よくよく人の話をお聞きしていますと、どうも「人間力」という言葉で指し示されるものには、下記の共通点があるように思います。

 1)学力やスキルといったものではないということ

 2)でも、人が所有する「力」概念で理解されること

 3)計測は不可能であるということ

 人間力というコンセプトの「定義」の差異を論じることに興味はありませんので、ここではサラリと流します。皆さん、「人間力」の意味については、感じてください。

 わかるんじゃなくて、感じるのよ。

 要するに、人間力とは、その類の言葉です。

 ▼

 ただし、「人間力」については、定義を論じることに興味はなくても、気にかかることはあります。それは「人間力という能力らしきものを向上させるために、教養を勉強することが重要だ」という指摘です。先の識者は、この言葉を数時間にわたって連呼しておりました。

 どうも、僕は、ここに違和感を感じます。

 前段「人間力という概念」についても怪しければ、後段の「教養についての理解」も怪しい・・・ここに僕は違和感があります。

 結論からいうと、

 「教養」とは「勉強」するものか?

 と疑念をもちます。

 言葉を換えますと、

 

 教養とは、知識を頭に詰め込んで「能力を向上させる」的なメタファで語られるものじゃないんじゃないの

 と思うのです。

 ▼

 よく知られているように、教養(リベラルアーツ)の原義は、聖書(ヨハネ書)にあるワンセンテンス

 「真理はあなたがたを自由にする」

 という言葉にあると記憶しています。

 もともとリベラルとは「自分に力をつける」ものではなく、「自分を解放する」という意味です。

 つまり、日常生活で様々に獲得してしまった素朴概念、ステレオタイプ、思い込み、そして流行の言葉やコンセプトを解体し、疑い、、自分を自由にすることこそ、教養です。

 もちろん、相対化しうる概念のひとつには、たとえば、「人間力」といった「意味不明な怪しげな概念」も含まれましょう(笑)。

 教養(リベラルアーツ)とは、もともと、日常生活で獲得してしまった様々なドクサ(教条・因習・固定化した概念)を相対化し、ぶちこわしながら、「自己を解放すること」ができるということです。

 一言でいえば、

 教養とは、ステレオタイプをUnlearn(学びほぐし)、自己を開放すること

 ではないかと思うのです。

 あるいは、

 教養とは"自省の学"である

 といってもよいかもしれません。

 

 ところが、世間では、教養とは何か「お勉強チック」なもの、「力(能力)を向上させる」で把握されているそうです。

 博識などこかの経営コンサルタントが、「教養のお勉強」を全社で進めるべく指導をしているというから、驚きです。

 ▼

「教養ある人」とは、僕の持論によれば、「自由な人」です。

 自由とは「教条的なもの」ーすなわち「凝り固まったまなざし」からの自由であり、解放です。

 加えて、ルソーによると、自由とは

「自分の好きなことをすることではなく、自分のやりたくないことをしないこと」

 だそうです。

「終わりなき日常の中」で、色褪せていく「自分」に抵抗する。そして、曇りのない目で物事を見分け、自分のやりたくないことを拒絶しつつ、志高く生きていく。

 凡人小人野蛮人の小生としては、ため息がでてしまいますが、できることなら、かくのように、ありたいものですね。

 そして人生はつづく

 ーーー

■もうひとつ、こちらの記事もいかがですか?

海外勤務から帰ってきた人が「会社を辞めちゃう」意外な理由!?

http://bylines.news.yahoo.co.jp/nakaharajun/20160214-00054389/

「管理職にしてはいけない人」を昇進させたときのコストと悲劇とは!?

http://bylines.news.yahoo.co.jp/nakaharajun/20160429-00057184/

プレイングマネジャーに感染拡大中!?「仕事手放せない病」の治療法!?

http://bylines.news.yahoo.co.jp/nakaharajun/20160331-00056040/

「つべこべ言わずとにかくやれ!」的OJTは、いつまで通用するか?

http://bylines.news.yahoo.co.jp/nakaharajun/20160308-00055157/