「親が我が子に与えたいもの」と「子どもが本当に欲しいもの」のズレ

(写真:アフロ)

「親は、ベスト盤を、子どものために、よかれと思って選んでしまう。そして、子どもの本当に聴きたい曲に限って、ベスト盤には入っていない」

(重松清「小さきものへ」)

   ・

   ・

   ・

 先日、ある造形ワークショップに愚息とお邪魔したときのことです。

 その造形ワークショップでは、

「床に青いビニールシートでひいたうえで、子どもに絵の具と筆を与え、自由に絵を描かせる」

 というワークをしました。

 ワーク自体はとても面白く、息子のみならず、親である僕もとても愉しむことができました。

 しかし、そこで僕は、「ハッ」と考えさせられる出来事に出会いました。

 そして日頃の子育てを少しだけ反省したのです。

 僕が反省したのは冒頭の小説家・重松清さんの言葉にあるように、

 子どもが本当に聴きたい曲は「親が用意したベスト盤」には入っていないこと

 すなわち

 「親として子どもに望むこと」は必ずしも「子どもの望むこと」とは重ならないこと

 です。

 あたりまえのことではあるのですが- そのことを改めて実感したのです。

 ▼

 皆さんがもし「親」だったとしたら、先ほどのような「自由絵の具お絵かきワークショップ」において、子どもに「何」を望むでしょうか。

「どんなに汚してもいい空間」が与えられ、自由に絵の具と筆を使っていい、と言われたら、子どもにはどのような絵を描いて欲しい、と願うでしょうか。

 明確に口に出さずとも、子どもの描く絵がどんな絵だったら、いいなと考えるでしょうか。

 僕は、何色を使ってもいいのだから、なるべくカラフルに絵を描いてもらいたいな、と思いました。

 そして息子にそれを、それとなく促しました。

「ここ、青とかを使ってもいいんじゃない」

「ここ、黄色と赤がきれいじゃない」

「もう少しカラフルな方がいいんじゃない」

 しかし、こうした親の予想に反し、息子や子どもたちがもっとも喜んだのは「青」でも「黄色」でも「赤」でもなく、「黒」なのです。「カラフルに色を使うこと」ではなく、「黒で白色の空間を塗り、ただひたすらつぶすこと」なのです。

 とにかくやたらめったら黒に塗りつぶすこと。

 それが彼らにとっての「自由」でした。

 ただ黒一色で、ひたすら、誰に邪魔されることなく、黒で空間を塗りつぶすことに没頭することが、子どもの求める自由でした。せっかく素晴らしい機会を与えられたのだから、カラフルに場面を塗り分けて、多種多様な経験をしてほしい「、という親の望みは、子どもの希望とはズレていました。

 この様子をみて、ハッと僕は、我に返りました。

 そしてつくづく痛感しました。

「子どもの本当に聴きたい曲に限って、親の選ぶベスト盤には入っていない」

 のだと。

 子育ての経験は、僕にいろいろなことを教えてくれます。その経験から導き出される教訓は、時にビターであることもあります。

 しかし、僕自身も、様々な「思い込み」に囚われている存在であることを自覚させてくれる点で、それはかけがえのない一瞬です。

 あなたが用意したベスト盤に、本当に子どもの聴きたい曲ははいっていますか?

 あなたが用意したベスト盤は、あなたが「子どもに聞かせたい曲」ではないですか?

 そして

 あなたの子どもが本当に聞きたい曲は何ですか?

 そして人生は続く。

(本記事は、中原の個人ブログ「NAKAHARA-LAB.NET」の2012年9月21日の記事に、加筆・修正を行ったものです)