「笑点の大喜利」に秘められた「人が挑戦したくなる仕組み」とは!?

マイク(写真:アフロ)

 先だって、僕の授業に、大学時代の同期の高尾隆君(東京学芸大学准教授・演劇学)にゲスト出講いただいた際、彼が、大変興味深い話をしてくださいました(ご出講・感謝です!)。高尾君がしてくれたのはテレビ番組「笑点」の「大喜利」のお話。高尾君は、演出の観点から分析して下さいました。

  ▼

 よく知られているように、「笑点」は、日曜日の夕方(次の日・月曜日の出勤や通学を意識しはじめ、ちょっとブルーな時間?)にやっている寄席風バラエティですね。

「笑点」には、初代司会者・立川談志によって創始された「大喜利(おおぎり)」というものがあります。そして、高尾君によると、この「大喜利」というものが、演出の観点?からすると、まことに「よくできているシステム(well-desiged system)」であるとのこと。

 どういう点で優れているかというと、

 「大喜利」は「誰も失敗しない」ように設計されて舞台

 なのです。

 よーく冷静になって考えてみて下さい。

 「大喜利」では、落語家が面白いことをいったら、お客さんは当然笑えます

 ぎゃはは。

しかし落語家がすべってしまったとしても、「山田君、座布団もってきなさい!」「ひぇー」ということで、また笑いをとれる仕組みになっています。

 ひゃはは。

 要するに、「大喜利」では、ウケたとしても、ウケなかったとしても、「笑いがとれるシステム」になっている。

 このような環境下において、落語家は安心して、リスクをとりつつも、ネタを披露することができるのだそうです。

 安心できるからウケをとれる。思いついたことを言える。たとえ、それがウケようがウケまいが、お客さんは面白がるようにできている。

 考えてみれば、いくら落語家といえども、お題を投げかけられて、すぐに「面白いこと」をいうというのは大変なわけです。すべると怖い。

 でも、テレビカメラが回っているので「萎縮」していては仕事にならない。まして「大喜利」では沈黙は許されません。誰かが、必ず手をあげて、しょーもないことであっても言わなくてはならない。

 そして、そういう「リスク」をとることを前提にしたシステムには、それをしたことで「損をしない仕掛け」が必要だと言うことですね。

 しかし、一方、観客の観点からすると、「大喜利」はそのようなシステムには見えません。あくまで落語家が挑戦し、ウケをねらって、それに対してのみ笑っていると考えてしまいます。

 よもや、「大喜利」が「誰も失敗しないシステム」であることは、考えませんよね、、、一般人の人は。

 このズレを知らず知らずのうちに創り出すってのは、スゴイことですね。こういうプラットフォームを創れる人を「天才」というのかな、と思いました。というわけで、立川談志さんは、すごすぎますね。

 ▼

 世の中には誠に面白いものが充ち満ちている。

「大喜利」といういつも見慣れているはずのシーンからも、いろいろなことを考えられますね。

 人が挑戦するためには何が必要か、についてしみじみと味わうことができます。

 そして人生は続く。

(本記事は、中原の個人ブログ「NAKAHARA-LAB.NET」に掲載された2014年7月23日の記事に、加筆・修正を加えたものです)