あなたの会社は「モチ型組織」ですか、それとも「オムスビ型組織」ですか!?

(写真:アフロ)

「うちの組織は、まとまっているよね」

「どうも、うちの職場のチームには和がないね」

などと人が話すとき、そこには、「異なる2つの組織観」が透けて見えることがあります。「個と組織の関係」をめぐる異なる2つの考え方とでもいうのでしょうか。

ひとつの考え方とは「モチ型組織」。

これは「モチ」のメタファで表現されるとおり、この場合の個と組織の関係は、不可分、一体です。モチ型組織は、一粒一粒の「個」は融合して、ひとつの個体をなしているような組織です。

パラパラと舌の上で崩れる?モチってのがあったら怖いですね。やっぱり、モチは、どっしりと、ぐにょーんとモチであるべきです(意味不明)。

それに対して、もうひとつは「オムスビ型組織」というものがあります。

オムスビは、固まってはいるものの、一粒一粒の米は融合までには至ってはおりません。飯粒ひとつひとつは、くっきりとした輪郭をもち、融合せずに存立しています。しかし、それでいて、バラバラというわけではなく、ひとつのオムスビを「オラ、おにぎりだもんね」という感じで形成しています(笑)。

ここまでくれば「あっ、あれか」と思った方もおられるかもしれまえんが、「モチ」と「オムスビ」という2つのメタファを用いて、共同体の存立の様式を描き出したのは、見田宗介先生のコミューン論「気流のなる音」です。見田先生は、かつて1960年代ー1970年代のコミューンを、呪術師ドン・ファンの教えを受けるカルロス・カスタネダとのやりとりの中で、あざやかに描き出しました。今日のお話は、こちらを引用しつつ、妄想力?跳躍力?をたくましくして?、これを現代会社組織の話題に転換しています。

見田宗介先生は、前者のモチ型組織(共同体)が「一体性」を存立原理としているのに対して、後者のオムスビ型組織は「多様性」を原理としていることを論じました。

(見田宗介(2003) 気流の鳴る音―交響するコミューン. ちくま学芸文庫)

それからめぐる年月、約35年。

昨今では、ダイバーシティやら、多様な人材の活用やら、グローバル社会の人事やらがまことしやかに喧伝され、その前に、わたしたちの組織観、個と組織の関係も揺れています。

どういう状態を「理想」とするのかで、イメージが異なっています。古くて新しい問いが、いまだ残されています。

今日は2つの組織観、個と組織の関係をめぐる2つの異なる考え方の話をしました。

オムスビとモチは非常に単純なタイポロジー(メタファ)ですが、自らのもつ組織観についてリフレクションする際には、役にたつのかもしれません。

あなたの働く組織はモチ型ですか?

オムスビ型ですか?

あなたの目指す組織は、モチ型ですか?

それともオムスビ型ですか?

それとも他のかたちですか?

えっ、チャーハン型?

おかゆ型?

3分がゆ?

ちょっと「ゆる」すぎない(笑)

あなたはどういう組織を「よし」としますか?

そして人生は続く