「最近の大学生はコミュニケーション能力がなくてケシカラン!」は本当か?

(写真:アフロ)

 最近の学生は、ちょめちょめが「ダメ」だ!

 最近の大学生は、ほにゃらら、ほにゃららで「ケシカラン」!

 大学は何をしているんだ?

  ・

  ・

  ・

 こうした意見を、企業の方から、年に数度くらい(?)頂戴することがあります。立場上、大学の外で講演することや、マネジャーの方とお話することも多いので、おそらく、そういう機会が多くなってしまうのでしょう。

 僕のような「下っ端なんちゃって大学ピーポー(!?)」に、そのようなことを申し上げられても、まことに対応に苦慮するのですが、せっかくの機会ですので、その場では、ありがたくご意見を拝聴し、ごく希に意見交換をしています。

 特に、このようなまことにありがたいご意見を、僕に浴びせかけていただけるのは、オジサマに多いような印象があります(そうでもないかな・・・)。

 ▼

 でも、先ほどの「ちょめちょめダメ」やら「ほにゃららケシカラン」に敢えて言わせてもらうならば、ひとりの大学教員としては、

「そんなに、最近の学生は、ダメですか?

   全く、そんなことないと思うんですけどね」

 というか、むしろ、「昔よりもかなりいい線行ってるよ」と思いますし、ちょっと前よりもかなり「よい方向」に変化しているような気がします。

 そんな風に感じる人は少なくないと思うけどなぁ、、、どうなんでしょ。まぁいいです。僕は少なくとも100%そう思います。

 特に、問題に思うのは、

「最近の学生はダメ」だというが、オジサマたちが若い頃の「過去の学生はOK」だったのか?

「最近の学生は、ちょめちょめはダメ」だというが、その「ちょめちょめ」への要望は、本当に妥当なものといえるのか?

 ということです。

 以下、この2点について考えてみましょう。

  ▼

 まず、前者に関して。

 僕は、もう東京大学に赴任して10年以上が立ちますが、少なくとも僕が受け持つ授業では、年々、学生の知的レベルやモティベーションのレベルが上がっているように感じるのは、気のせいでしょうか。

 先だっても、学部で授業をしていて、学生のプレゼンを聞いたあとで(仕事なので、スパイシーなダメ出しはします)、思わず、密かに、近くにいた助教の先生につぶやいてしまいました。

「こういうプレゼンや、グループワークは、同じインストラクションをしても、10年前の学生は出来なかったよ。ロジックはまだまだ甘いけれど、たいしたもんだ。あと2年、学部時代をちゃんと過ごせば、まだまだ伸びる。学生も、この10年で本当に変わってるよね」

グループワーク
グループワーク

 読者の方の中には、「そんなの東大だけだ」とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、僕は高等教育の専門家ではないし、また手持ちのデータがないので、それはわかりません。上記の認識は「東大学内の変化」として、僕個人が思っていることです。少なくとも僕の出会う学生に関しては、上記のような感想をもちます。

(ちなみに、各種の調査結果によると、2000年代後半から、大学生の授業出席率に関していえば、8割以上になっていると思います。昔はひどいもんでした。ただし、現在も課題はあります。その課題のひとつが、大学生の学外での勉強時間の少なさでしょうね)

 データは特にないですが、さらに時間をさかのぼれば、また少なくとも僕が学部時代を過ごした20年前は、もっとやる気のない学生はいたような気がするし、いい加減だったような気がします。

 かつて大学が「レジャーランド」と呼ばれていた時代(オジサマたちがブイブイ言わせていた時代?)、「授業に出る、出ないは学生の勝手」。大学時代は1にサークル、2にバイト、34がなくて、5に恋愛?でした。

 つまり、過去と比較して「最近の学生は・・・だ」という場合に、その比較は妥当なのか、という疑念がわいてきます。

 疑念フツフツ。

 そのうえで、

「最近の学生はちょめちょめでNGっていうけれど、昔は、さぞ、素晴らしい学生生活をお過ごしだったのでしょうね?」

「最近の学生はちょめちょめでNGっていうけれど、昔の大学生さんは、さぞ、素晴らしい能力をお持ちだったのでしょうね?」

 と言いたくなるのです。

  ▼

 次に後者の問題ー「最近の学生は、ちょめちょめはダメ」だというが、その「ちょめちょめ」への要望は、本当に妥当なものといえるのか?に関して。

 よく「最近の学生は、ちょめちょめはダメ」だとよくいいますが、この「ちょめちょめ」をよくよくひも解いて?みますと、意外によくわからないことが少なくありません。

 たとえば過去に「最近の学生は、コミュニケーション能力がない」というおっしゃる方がいらっしゃいました。

 あんまりにも強くそうおっしゃるので、思わず、別の問いかけをしてしまったことがあります。

(よせばいいのに、中原スイッチが入ってしまった!:僕はロジック攻撃モードに入るとき、スイッチが入る顔をするそうです。先だって、ある人事部長さんに指摘されました、笑)

「じゃあ、○○さんは、新入社員の、どんなシーンを目にしたら、コミュニケーション能力が発揮されているな、とお感じになるんですか?」

 と伺います。

 そうすると、これに対する答えは「長い長い答え」で思わず腰が砕けそうになりましたので、余計な部分を「はしょり」ますが、

「敢えて言葉にしなくても、こっちの言いたいことを読んで、動いてこっちが何にもしなくても、成果をあげるような感じ」

 とおっしゃいます。

 本当はめちゃめちゃ長いのですが(30分!)、敢えて要点のみはしょると、こんな感じです。

 上記をそのまま解釈しますと、要するに「コミュニケーション能力がある」とは「場を読むこと+成果をあげること」であり、それらがオジサマからの働きかけがゼロでも、つまりは「何にもしなくても(行為レベルの働きかけ)」、「何の言葉かけもしなくても(言葉レベルの働きかけ)」達成されてしまう状況ということになります。

 要するにね、

 コミュニケーション能力があるとは「オレが何もしなくていい状態」

 ということです。

 以上。

 オジサマの方も忙しい。多忙なのはよくわかっているので、あまり申し上げないのですが、あんまり強くおっしゃるので、敢えて言わせてもらうと、

「あなたが、何にもしたくないだけじゃん」

 と思っちゃうのは、僕だけでしょうか。新入社員なんだから、できないことあるのはアタリマエじゃんとも思います。

 あと、「本当はもう少し長いのですが(30分!)、敢えて要点のみはしょると、こんな感じです」と、僕が書かざるをえないことから、今、自分がおかれていらっしゃる状況を察していただきたいのです。

「若者と自分、どちらがコミュニケーション能力がないのか」を(爆)。

 あんまり強く執拗におっしゃるので(笑)、ついつい、スイッチが入ってしまい、脳裏に浮かんだことを申し上げてしまいました。

 本当に申し訳なく思います。育ちが悪いので、口が悪いのです。言い過ぎていましたら、すみません。

 でもね、本気の本気で考えた方がいいと思うのです。オジサマたちの考える「コミュニケーション能力へのニーズ」って、妥当なものといえるんでしょうか。

 少なくとも、かえすがえすも、不思議な概念です、コミュニケーション能力は。

 僕には1ミリも理解できません。

 ▼

 今日は「最近の大学生はケシカラン!」ネタから、コミュニケーション能力までを気ままに論じてみました。

 

 皆さんはいかが思われますか?

 そして人生は続く

(本記事は、中原の個人ブログ「NAKAHARA-LAB.NET」に掲載された2014年11月12日の記事に、加筆・修正を加えたものです)