「30年後の未来」には何がどこまで実現していたか?:映画「バックトゥザフューチャー」に描かれた未来

2015年10月21日 

朝っぱらから問いで恐縮なのですが、みなさん、今日がどのような日であるか、ご存じですか?

ヒントはこちらです!

タイムマシンに設定された未来
タイムマシンに設定された未来

ピンときた方もいらっしゃるかとは思いますが、 今日は、映画「バックトゥザフューチャー2」で、主人公マーティが、恋人ジェニファーとともに、天才博士ドクに連れられ、タイムマシンのデロリアンに乗って、やってきた未来の日、その日です。彼らは、1985年から30年後の未来にワークしてきたのでした。

先ほどの写真は、タイムマシン・デロリアンの飛行時間設定場面です。覚えていらっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。詳しくは週末、ビデオレンタル屋?になどいって、映画を見て頂きたいと思います。

さて興味深いのは、この映画がつくられた1980年代に描かれている30年後の未来の様子です。そこには30年後の未来が描かれているのですが、一部は実現しており、一部は実現していません。

たとえば「大画面の薄型テレビ」と「ビデオ電話」「タブレット型コンピュータ」「グーグルグラスのような眼鏡」などが登場しますが、これらは、おそらく実現済ですね。「ホログラフィックディスプレイ」は、プロジェクションマッピングと解釈すれば、かなり近いものもあるようなないような気もしますが、ちょっと無理だったかな。

完全に実現できていないと思われるのは、「自動靴ひも調整機能付きスニーカー」と「ホバーボード」と「空飛ぶ車」でしょうか。これは、いくつかの会社が、今日にちなんで製品を発売しているようですが、一般にはまだまだという感じですかね。ちょっと、無理だったね(笑)。

実は、この映画、せんだって家族でたまたま借りてきて見ていたものでした。

カミサンと愚息TAKUZOが映画を見ていて、

「あれっ、この未来の日って、来週じゃん!」

と叫んだことが、今日の記事を書いたきっかけです。30年後に設定したはずの未来が、「来週」ってのは、シュールだよね。

映画が公開されたのは1989年、僕は14歳の頃でした。まさか、当時の僕は、この映画を、家族で見ているところは予想していませんでしたし、それでブログを書いていることも、まったく想定外でした(笑)。

長いもので、あれから30年。

もしタイムマシンがあったら、いちど、30年前の自分にあってみたい気もします。

「あんたは、30年たっても、あんまり成長してないよ。

数年後、何してるか、わかんねーって言ってるよ。

だから、自分がわかんなくても大丈夫。」

そして人生はつづく 

ーーー

※本日の記事は、中原の個人ブログ「NAKAHARA-LAB.NET」からの転載です