初タイトル獲得 一力遼新碁聖 涙の記者会見

記者会見で笑顔を見せる一力遼新碁聖=2020年8月14日、日本棋院、筆者撮影

一力遼八段(23)が悲願の初タイトル「碁聖」を獲得した。

井山裕太三冠を追う次世代の筆頭と目され、これまで5度タイトルに挑戦してきたが、ことごとく井山三冠に跳ね返されてきた。

苦しい時期に涙したこともあったという一力新碁聖。きょう、涙に暮れたのは、一力碁聖だけではなかった

一力碁聖は、会社員との二足のわらじを履く異色の棋士でもある。河北新報社の創業家である一力雅彦社長のひとり息子で、今年3月早稲田大学を卒業し、同社に4月入社し新聞記者の肩書きを持つ。

今回獲得した「碁聖」は新聞囲碁連盟主催で、河北新報は加盟紙。主催紙の記者が自社棋戦のタイトルホルダーになったのも、もちろん初めてだ。また、大学を卒業した棋士が七大タイトルを獲得したのは、坂井秀至八段(京都大学医学部卒)以来2人目。

将棋では18歳の藤井聡太棋聖、囲碁では20歳の芝野虎丸三冠(名人、王座、十段)と、年下がタイトルを獲り、「そろそろ結果を出さないと」と刺激を受けてきた。

最も原動力になったのは、同じ年の許家元八段が2年前、井山裕太三冠からストレートで碁聖を奪ったことだった。

真面目な一力碁聖は、碁にも学業にも手を抜かないので、大学時代は忙しかった。とくに挑戦手合と試験の日程が重なったときのやりくりに苦労したという。

卒業し、4月からは囲碁に集中する時間が取れたことでいい状態になり、ここまで持続できた。

思い入れのある碁聖を獲得できて、「とにかくほっとしました」と一力碁聖。

子どもの頃から通った道場の師範、洪清泉四段は「遼、頑張りましたね。長い間、心労が多かったので、ほっとしていると思います。これを機にさらに頑張るでしょう」とエールを送った。

記者会見では、5歳のときから世話になっている師匠の宋光復九段について、「小さい頃からお世話になって。いつも自分のタイトル戦では見に来て下さっていました。今回、少し恩返しすることができたかと……」。

宋九段は一力碁聖とのツーショットでの撮影中、涙がこらえきれなくなった

師匠・宋光復九段の涙にこらえきれず涙を拭く一力遼碁聖。宋光復門下としても初めてのタイトルホルダー誕生となった。=2020年8月14日、筆者撮影
師匠・宋光復九段の涙にこらえきれず涙を拭く一力遼碁聖。宋光復門下としても初めてのタイトルホルダー誕生となった。=2020年8月14日、筆者撮影

一力碁聖が井山三冠に勝てず苦しんでいたときのことが思い出されたのだろうか。

もっと早くタイトルを獲ってくれると思っていましたので、ここまで長かった。20歳までに七大タイトルを獲りますよといって親御さんから預かりましたので、つらかったです。私も思いが強すぎました。これですっと楽になりました」という宋九段は、インタビューが進むにつれ、また涙に暮れた。

一力碁聖は、小学生低学年のころくらいまで、碁に負けるとよく泣いていたという。

初タイトルを獲得したきょうは、師匠の涙を見て、こらえきれずもらい泣きとなった。

このタイトル獲得がスタートだと思うので、これから一局一局丁寧に戦って、他のタイトルもこの勢いで獲って行きたい」と抱負を語った。

囲碁観戦記者・囲碁ライター。神奈川県平塚市出身。1966年生。お茶の水女子大学大学院修士課程修了。お茶の水女子大学囲碁部OG。会社員を経て現職。朝日新聞紙上で「囲碁名人戦」観戦記を担当。「週刊碁」「囲碁研究」等に随時、観戦記、取材記事、エッセイ等執筆。囲碁将棋チャンネル「本因坊家特集」「竜星戦ダイジェスト」等にレギュラー出演。著書に『井山裕太の碁 AI時代の新しい定石』(池田書店)『囲碁ライバル物語』(マイナビ出版)、『井山裕太の碁 強くなる考え方』(池田書店)、『それも一局 弟子たちが語る「木谷道場」のおしえ』(水曜社)等。囲碁ライター協会役員、東日本大学OBOG囲碁会役員。

有料ニュースの定期購読

内藤由起子の「花見コウ」〜囲碁観戦記者 ここだけの話〜サンプル記事
月額330円(初月無料)
月4回程度
囲碁界取材歴20年を超える囲碁観戦記者・囲碁ライターが、囲碁界のオモテウラをお話しします。小耳にはさんだ最近の話から今だから話せる昔あったあの事件の裏側、記事にできなかった取材こぼれ話など、現場で見聞きしたここだけのとっておきの話をランダムに発信します。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    PS5予約開始も「#予約するってレベルじゃねえぞ」 でも恒例の大混乱河村鳴紘9/19(土) 10:00
  2. 2
    「政権批判おじさん」ラサール石井の正体は最強の二番手タレントラリー遠田9/19(土) 5:00
  3. 3
    【「麒麟がくる」コラム】足利義輝の剣術の師匠・塚原卜伝とは何者なのか!?渡邊大門9/19(土) 7:20
  4. 4
    タイトル100期挑戦に近づいた? 羽生善治九段(49)竜王戦挑決第3局で優位に立つ松本博文9/19(土) 17:37
  5. 5
    浜辺美波がドラマ『私たちはどうかしている』で見せる戦慄的な魅力 清純派に留まらないその底力堀井憲一郎9/18(金) 17:12
  6. 6
    丸山忠久九段(50)の後手番一手損角換わりを羽生善治九段(49)が受けて立つ 竜王戦挑決第3局開始松本博文9/19(土) 12:00
  7. 7
    挑戦権を得るのは羽生九段か丸山九段か――第33期竜王戦挑戦者決定三番勝負第3局を予想古作登9/18(金) 5:18
  8. 8
    名古屋のシンボル、テレビ塔&久屋大通公園が大変身!栄地区復権の起爆剤となるか大竹敏之9/17(木) 19:00
  9. 9
    【「麒麟がくる」コラム】謎多き明智光秀の子供たちとは!?その真相を探る!渡邊大門9/17(木) 8:35
  10. 10
    瀧内公美が連作映画『蒲田前奏曲』で主演 「表層的でない説得力を出す覚悟を持ってカメラの前に立ちます」斉藤貴志9/19(土) 10:30