3月5日に発信した「中学時代の芝野虎丸名人は『癒やしの虎ちゃん』」の後編。

芝野名人の恩師で「一番理解してくれた」という、嶋倉みどり先生(中学1年生のときの担任)からうかがった話です。

芝野少年は学校が好きだった。行事にも出たいけれど出られないことが多かったそうです。

それでも京都へ2泊3日の修学旅行では、1日目の夜に虎丸名人はお父さんと一緒に遅れて駆けつけて合流したそうです。嶋倉先生はホテルのロビーで虎丸名人を預かったことを懐かしく思い出し、「仲間と過ごせてよかった」と話しました。

虎丸名人の思い出は、嶋倉先生の授業を受けていたときのことです。