AIが登場してかわったもの その1~検討の様子

AI派の張栩九段(左)とAIに頼らない芝野虎丸名人(2019年10月)=筆者撮影

グーグル・ディープマインド社によって開発された囲碁AI(人工知能)「アルファ碁」が、世界のトッププロ李世ドル九段(韓国)を破ったのが2016年3月。当時は容量や電力が莫大にかかるため、一般的に手に入りにくい状況でしたが、現在はパソコンレベルでもAIと対戦や検討ができるほど身近になってきました。

AIの登場で囲碁界の風景も一変しました。顕著なのが、局後の検討の場面です。

この記事は有料です。
内藤由起子の「花見コウ」〜囲碁観戦記者 ここだけの話〜のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

内藤由起子の「花見コウ」〜囲碁観戦記者 ここだけの話〜のバックナンバー2020年2月サンプル記事

内藤由起子

価格

330(記事4本)

2020年2月号の有料記事一覧

すべて見る

囲碁界取材歴20年を超える囲碁観戦記者・囲碁ライターが、囲碁界のオモテウラをお話しします。小耳にはさんだ最近の話から今だから話せる昔あったあの事件の裏側、記事にできなかった取材こぼれ話など、現場で見聞きしたここだけのとっておきの話をランダムに発信します。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

囲碁観戦記者・囲碁ライター。神奈川県平塚市出身。1966年生。お茶の水女子大学大学院修士課程修了。お茶の水女子大学囲碁部OG。会社員を経て現職。朝日新聞紙上で「囲碁名人戦」観戦記を担当。「週刊碁」「NHK囲碁講座」「囲碁研究」等に随時、観戦記、取材記事、エッセイ等執筆。囲碁将棋チャンネル「本因坊家特集」「竜星戦ダイジェスト」等にレギュラー出演。棋士の世界や囲碁の魅力を発信し続けている。著書に『囲碁ライバル物語』(マイナビ出版)、『井山裕太の碁 強くなる考え方』(池田書店)、『それも一局 弟子たちが語る「木谷道場」のおしえ』(水曜社)等。囲碁ライター協会役員、東日本大学OBOG囲碁会役員。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    トランスジェンダー役を、そうでない俳優が演じてはダメな理由猿渡由紀7/10(金) 6:00
  2. 2
    王者渡辺明棋聖(36)完璧な指し回しで藤井聡太七段(17)を降しカド番をしのいで1勝目 棋聖戦第3局松本博文7/9(木) 20:45
  3. 3
    「この曲じゃ泣けない」米津玄師に修正依頼。「MIU404」「アンナチュラル」プロデューサーの強い信念木俣冬7/10(金) 16:38
  4. 4
    西山朋佳女流三冠(25)新人王戦ベスト4進出ならず 齊藤優希三段(23)に敗れる松本博文7/9(木) 17:40
  5. 5
    開始2時間で74手! 注目の棋聖戦第3局は渡辺明棋聖、藤井聡太七段ともに研究十分で異例のハイペース松本博文7/9(木) 11:18
  6. 6
    渡辺明棋聖(36)攻めきるか? 藤井聡太七段(17)きわどくしのぐか? 棋聖戦第3局、早くも終盤戦松本博文7/9(木) 14:44
  7. 7
    瑛人「香水」はなぜ異例のヒットとなったのか? その成功が持つインパクトとは柴那典6/29(月) 7:00
  8. 8
    演じることを禁じられた俳優たちの物語、三谷幸喜「大地」PARCO劇場で上演中本千晶7/10(金) 12:18
  9. 9
    「続編の作り方」で分かれた、『ハケンの品格』と『BG~身辺警護人~』 碓井広義7/8(水) 7:07
  10. 10
    「夜に駆ける」でブレイク真っ只中のYOASOBIとは何者か柴那典6/15(月) 7:00