史上初の10代の名人誕生なるか。第44期囲碁名人戦七番勝負の見どころ

対局前日の張栩名人(左)と芝野虎丸挑戦者。=2019年8月26日筆者撮影

19歳の芝野虎丸八段が張栩名人(39歳)に挑戦する第44期囲碁名人戦が8月27日に開幕する。混戦の挑戦者決定リーグ戦を勝ち抜き、勢いのある挑戦者と、百戦錬磨の名人の戦いはどんな展開を見せるのだろうか。

19歳の挑戦を受ける張栩名人

張栩名人の獲得タイトルは40。2001年からタイトル戦に登場し、2009年には史上初のタイトル5つ同時保持を達成し、碁界第一人者となった。その後、20歳の井山裕太棋聖に名人を獲られたのを端緒に、次々タイトルを明け渡し、井山棋聖が七冠制覇を果たすなど井山一強時代に移っていく。

しかし昨年、その井山棋聖から名人を奪還し、無冠を返上した。

井山棋聖の番碁初登場は19歳のとき。相手は29歳の張栩名人だった。このときは張栩名人が勝って、防衛を果たしている。

またもや19歳の挑戦を受ける立場となった張栩名人

この名人戦一本に絞り、芝野八段を迎え撃つ。

「熱」と「静」

対局前日。前夜祭の前に、「対局室検分」が行われた。実際に碁盤の前に座り、盤や石、座布団や座椅子、さらに空調や明かりなどを対局者が確認し、要望する時間となる。

定刻10分以上前に対局室にやってきた芝野挑戦者は、にこやかに盤の前に座った。

そして、手持ちぶさたになったのかもしれない。盤上を日本手ぬぐいで拭き清め始めたのだ。この儀式は本来、対局前にするもので、検分でやったのを、記者は初めて見た。

初めての番碁の対局室は見るものすべてが新鮮なのだろう。芝野挑戦者は用意されていたお菓子の山から、チョコや飴をひとつずつ手に取って見ていた。

いつも通り、ひょうひょうとした芝野挑戦者がそこにいた。

芝野本人も「普段からあまり動揺しないところが自分の強み」というほど、マイペースを保っているのが、見て取れる。

対局中はポーカーフェースで、動きもあまりない。静かで冷静な挑戦者だ。

5分ほどして、張栩名人が入室。ぴりっとした空気になった。「すでに気合が入っている顔をしている。わかるよ」と、昨年も張栩名人を撮影し続けたカメラマンが断言する。

張栩名人は熱い男だ。闘志を前面に出して戦うタイプ。ありとあらゆる準備をして、対局に全力を尽くす。

初めての番碁、初めての二日制への対応

趙治勲名誉名人は「虎丸くんの実力はすでに世界レベル。若いほうが勝利の女神がほほ笑むので、実力が互角なので正直、張栩くんは勝つのが大変だと思う」と予想する。

張栩名人の利点は、百戦錬磨であること。番碁の戦い方を知り尽くしていることだ。

七番勝負は1局で終わらない。流れがある。どちらが流れをつかむのかが大きなポイントとなるだろう。

ふだんの対局は持ち時間3時間や5時間がふつう。1日で打ち終わる対局ばかりだ。

持ち時間8時間、2日制というルールのもとで打つのは、挑戦者は初めてとなる。

1日目、朝9時に開始され、昼休憩を挟み、夕方5時半を過ぎると、「封じ手」がある。

手番のほうが一晩考えられないよう、最後の一手は盤上に打たず、対局者自身が碁罫紙に記入し、誰にもみられないよう封筒に収める。ホテルの金庫にしまわれた「封じ手」は、翌朝9時に開封され、対局が再開される。終局は夕方から夜になることが多い。

2日にかけて打つこと、封じ手があること、途中で寝ること。初めてのことばかりで、「どうしたらいいのか全然わかりません。昔から早打ちなので、8時間もある持ち時間をどう使えばいいのか」などと芝野挑戦者はいうものの、結局は「1局打ってみてから考えます」。

井山四冠も「二日制に芝野さんが対応できるかどうかが、鍵になると思います」と、ポイントに挙げていた。

長い8時間の碁で、芝野挑戦者がどんな碁を見せるかを、まずは注目したい。

囲碁観戦記者・囲碁ライター。神奈川県平塚市出身。1966年生。お茶の水女子大学大学院修士課程修了。お茶の水女子大学囲碁部OG。会社員を経て現職。朝日新聞紙上で「囲碁名人戦」観戦記を担当。「週刊碁」「囲碁研究」等に随時、観戦記、取材記事、エッセイ等執筆。囲碁将棋チャンネル「本因坊家特集」「竜星戦ダイジェスト」等にレギュラー出演。著書に『井山裕太の碁 AI時代の新しい定石』(池田書店)『囲碁ライバル物語』(マイナビ出版)、『井山裕太の碁 強くなる考え方』(池田書店)、『それも一局 弟子たちが語る「木谷道場」のおしえ』(水曜社)等。囲碁ライター協会役員、東日本大学OBOG囲碁会役員。

有料ニュースの定期購読

内藤由起子の「花見コウ」〜囲碁観戦記者 ここだけの話〜サンプル記事
月額330円(初月無料)
月3回程度
囲碁界取材歴20年を超える囲碁観戦記者・囲碁ライターが、囲碁界のオモテウラをお話しします。小耳にはさんだ最近の話から今だから話せる昔あったあの事件の裏側、記事にできなかった取材こぼれ話など、現場で見聞きしたここだけのとっておきの話をランダムに発信します。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    地上波レギュラーゼロ。師匠・ビートたけしへの思い。水道橋博士の今中西正男6/14(月) 8:50
  2. 2
    広瀬すずが演じるのはなぜ「両親がいない役」ばかりなのか 明るい役しか演じない姉アリスとの決定的な対比堀井憲一郎6/14(月) 15:30
  3. 3
    『進撃の巨人』で、リヴァイ兵士長が華麗に操った立体機動装置。実際に巨人を倒せるアイテムか?柳田理科雄6/14(月) 8:00
  4. 4
    【戦国こぼれ話】不思議かつ複雑な戦国時代の名前。いったいどのような仕組みになっていたのだろうか渡邊大門6/14(月) 6:00
  5. 5
    メーガン妃の父「オプラはメーガンとハリーを利用している」猿渡由紀6/14(月) 6:00
  6. 6
    ラストラン突入の「シン・エヴァ」#シンエヴァの薄い本 配布開始、週末の反響は…小新井涼6/14(月) 7:30
  7. 7
    鬼ひそむ暗闇の迷路屋敷でからくり看破 天才・藤井聡太二冠(18)深夜の大熱戦制しB級1組2勝目松本博文6/14(月) 12:00
  8. 8
    石原さとみを生かす男優と殺す男優の差 『恋はDeepに』の共演・綾野剛が見せた安定感堀井憲一郎6/10(木) 15:11
  9. 9
    竹野内豊、阿部寛、江口洋介…。二枚目俳優から50代になっても主役を張るカギのコメディセンス斉藤貴志6/13(日) 12:45
  10. 10
    チェ・ジウ夫の“浮気説”などスキャンダル続々…暴露を続けるYouTubeチャンネルの怪慎武宏6/13(日) 9:15