永田夏来

社会学者
1973年長崎市生まれ。2004年に早稲田大学にて博士(人間科学)を取得後、関東・関西の各大学で非常勤講師を歴任。現職は兵庫教育大学大学院学校教育研究科助教。専門は家族社会学。夫婦をはじめとしたカップル関係を中心に、現代の日本における結婚観・家族観についての調査研究をおこなっている。若者における恋愛関係 研究からの発展としてジェンダー論・メディア論も手がけており、インターネットによるコミュニケーションや音楽を代表としたサブカルチャーにも関心を持っている。