永野智久

スポーツアナリスト/&SPORTS代表/慶應大学非常勤講師
1977年生まれ。愛媛県出身。博士号(学術)。慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)にて10年間研究と教育に従事した後2015年10月 より現職。専門はスポーツ科学及び人間工学。サッカーを中心に「巧みなワザやコツの可視化」をテーマにスポーツ選手のパフォーマンスを定量的に評価する。これまでNHKのスポーツサイエンス番組も多数監修。NHK特番「ミラクルセンス(2011)」では中村俊輔の卓越した戦術眼を、NHKスペシャル「ミラクルボディー(2014)」ではスペイン代表のシャビとイニエスタの洗練されたプレーを科学的に分析。サッカー専門誌への寄稿のほか日経ビジネスオンラインにてコラムを連載中。

記事一覧

1~6/6件 年月で絞り込む

2016年

前へ

  • 1

次へ

1~6/6件