24日のKBOリーグは全5試合が18時30分開始のナイトゲームで行われた。

ハンファイーグルス-サムスンライオンズ(テジョン)は最下位のハンファが3-0で勝利し、今月9日から続いた連敗を10で止めた。

この日のサムスンの先発はハンファにとって天敵のデービッド・ブキャナン(元ヤクルト)。ハンファはブキャナンに2020年から7連敗と苦手にするも、この日は3回に1番マイク・トークマンのタイムリーで先制。7回にもトークマンの4号ソロ、3番チョン・ウンウォンのタイムリーで計3点を挙げた。

投げてはハンファの5人の投手がサムスン打線を6安打無失点に抑えて、ブキャナン相手に勝利している。敗れたサムスンは4連敗。ブキャナンは4敗目(6勝)となった。

◇6月24日(金)の結果

・トゥサン 3 - 4 KIA(チャムシル)

 勝:キム ジョンビン

 敗:チョン チョルウォン

・SSG 14 - 2 NC(インチョン)

 勝:フォント

 敗:ルチンスキー

・KT 9 - 6 LG(スウォン)

 勝:チュ グォン

 敗:チョン ウヨン

・ハンファ 3 - 0 サムスン(テジョン)

 勝:チャン ミンジェ

 敗:ブキャナン

・ロッテ 5 - 1 キウム(プサン)

 勝:イ インボク

 敗:ハン ヒョンヒ

⇒ KBOリーグ公式戦日程と結果(ストライク・ゾーン)

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

◆「チェ・ジョンが通算300死球」

SSGランダーズの3番チェ・ジョン(35)が、NCダイノス戦の1打席目に今季6個目のデッドボールを受け、リーグ史上初の通算300死球となった。

内角球に強く踏み込むチェ・ジョンは年間20死球以上が10シーズンを数え、2位のパク・ソクミン(NC)に91個差をつけている。チェ・ジョンは右の長距離砲として通算本塁打数は歴代2位。イ・スンヨプ(元サムスン)に次ぐ413本を記録している。

ちなみにNPBの歴代最多死球は清原和博(元西武、巨人、オリックス)の196個、「鉄人」衣笠祥雄(元広島)は3位の161個だ。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサンベアーズ)>

KIAタイガース戦に1番センターで先発出場し、1打席目ショートゴロ、2打席目ピッチャーゴロエラーで出塁。3打席目は高めをレフト前に運ぶヒットを放った。4打席目もセンター前ヒットで出塁し、後続の犠飛でホームを踏んだ。5打席目は2死満塁でセカンドゴロだった。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

※本記事は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得て掲載しています。