22日のKBOリーグは全5試合が18時30分開始のナイトゲームで行われた。

KTウィズ-NCダイノス(スウォン)はNC打線が初回にいきなり打者一巡。5番ニック・マティーニの10号2ランを含む8安打を連ねて、7点を先制した。

大量リードを背にNCの先発、エースのク・チャンモは持ち前の落ち着いた投球で6回98球を投げて被安打3、無失点と好投。試合は11-0でNCが大勝しク・チャンモは4勝目(0敗)を挙げた。

KTの先発ペ・ジェソンは2回以降立ち直り、2~5回はNC打線をノーヒットに抑えるも初回の7失点が大きく6敗目(3勝)を喫した。

◇6月22日(水)の結果

・LG 6 - 5 ハンファ(チャムシル)

 勝:ケリー

 敗:ユン デギョン

・SSG 6 - 5 トゥサン(インチョン)

 勝:ソ ドンミン

 敗:ホン ゴンヒ

・KT 0 - 11 NC(スウォン)

 勝:ク チャンモ

 敗:ペ ジェソン

・サムスン 0 - 6 キウム(テグ)

 勝:チェ ウォンテ

 敗:ペク チョンヒョン

・KIA 5 - 7 ロッテ(クァンジュ)

 勝:チェ ジュンヨン

 敗:チョン ヘヨン

⇒ KBOリーグ公式戦日程と結果(ストライク・ゾーン)

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

映像:6月22日の試合結果紹介(「室井昌也 ボクとあなたの好奇心」(FMコザ))

◆「2球場で延長戦に」

SSGランダーズ-トゥサンベアーズ(インチョン)とKIAタイガース-ロッテジャイアンツ(クァンジュ)が延長戦に突入。インチョンではSSGはサヨナラ勝ちを収めている。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサンベアーズ)>

SSG戦に1番センターで先発出場。1打席目レフト前ヒット、2打席目は無死一塁で自分も生きようというピッチャー右へのバントヒットが成功。相手守備の乱れで二塁に進んだ。

3打席目はファーストゴロ、4打席目は1死一塁で一、二塁間を破るヒット。9回表の5打席目はピッチャーのグラブを弾く内野安打で、カバーしたセカンドの悪送球で二塁へ。そして続くホセ・フェルナンデスの同点2ランでホームに還った。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

※本記事は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得て掲載しています。