17日のKBOリーグは全5試合が18時30分開始のナイトゲームで行われた。

ロッテジャイアンツ-KIAタイガース(プサン)は1-1で迎えた7回表、KIAが相手のエラーで1点を勝ち越し。しかしロッテも8回裏に5番DJ・ピータースの2点タイムリー二塁打で3-2とし逆転に成功した。

追うKIAは9回表、この回の先頭打者、6番ソクラテス・ブリトーがライトに4号ソロアーチを放ち同点に。さらにKIAは1死一、二塁で1番リュ・ジヒョクがセンターへタイムリーヒットを放って、4-3として再びリードを奪った。

KIAは9回裏の守り、3番手としてマウンドに上がったチョン・ヘヨンが三者凡退で締めてゲームセット。KIAはこの日からビジターゲームにも応援団長とチアリーダーを派遣。その初戦で終盤に逆転勝利を収めた。

◇5月17日(火)の結果

・トゥサン 9 - 9 SSG(チャムシル)

 勝:

 敗:

・KT 3 - 2 LG(スウォン)

 勝:キム ジェユン

 敗:キム ジンソン

・ハンファ 4 - 3 サムスン(テジョン)

 勝:イ ミンウ

 敗:ペク チョンヒョン

・ロッテ 3 - 4 KIA(プサン)

 勝:チャン ヒョンシク

 敗:チェ ジュンヨン

・NC 4 - 11 キウム(チャンウォン)

 勝:チェ ウォンテ

 敗:ソン ミョンギ

⇒ KBOリーグ公式戦日程と結果(ストライク・ゾーン)

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

◆「KIA、ビジター球場にも応援団とチアを派遣」

KIAはこの日から応援団の全試合派遣をスタート。KBOリーグでは球団専属の応援団長とチアリーダーが応援をリードし、これまでは本拠地球場とソウル首都圏の一部ビジターゲームでの活動が主体となっていた。しかしKIAでは今後、すべての試合に応援団が帯同する。

なお、あす5月18日は1980年にKIAの地元クァンジュで多くの犠牲者を出した、「民主化運動記念日(光州事件)」のため、応援は行わない。

(関連記事:今年、韓国の球場でファンが最もハマった応援歌とは?韓国の応援事情

(関連記事:2年半ぶりに「声出し応援」解禁 貯金13の首位と勝率2割台最下位の対戦結果は?

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサンベアーズ)>

SSGランダーズ戦に1番ライトで先発出場。1打席目レフトフライ、2打席目ショートゴロエラーで出塁、3打席目空振り三振。6回の4打席目にレフト前ヒットを放ち、8回の5打席目は1死二、三塁でセンター前ヒットを放って1打点を記録した。延長10回の6打席目はピッチャーゴロ、12回の7打席目は空振り三振だった。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

※本記事は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得て掲載しています。