リーグ参入7年目で初の公式戦1位となったKTウィズと、ワイルドカード決定戦、準プレーオフ、プレーオフを勝ち上がった4位トゥサンベアーズの顔合わせとなった韓国シリーズ。第1戦はシリーズ初出場のKTが、7年連続出場のトゥサンを4-2で破って初戦を取りました。

KTは先発のウィリアム・クエバス投手が7回2/3を投げ好投。回の先頭打者に4度出塁されるも、三振8つで要所を締めてトゥサン打線を7安打1失点に抑えました。

KT打線は1-1で迎えた7回裏、この回先頭の7番ペ・ジョンデ選手がトゥサンの2番手イ・ヨンハ投手からレフトへ勝ち越しのソロホームラン。さらに相手のエラーをきっかけに内野ゴロの間の1点と、3番カン・ベクホ選手のタイムリーで追加点を挙げました。

KTは初の韓国シリーズを白星スタート。4位からの初のシリーズ制覇を目指すトゥサンは、複数の守備のミスがあり痛い敗戦となりました。

今年の韓国シリーズは感染症拡大の影響と、東京オリンピック期間の中断により11月中旬の開催となったため、昨年に続き気候の影響を受けないコチョクスカイドームで全試合が行われます。

◇11月14日(日)の結果

・韓国シリーズ 第1戦

 KT 4 - 2 トゥサン(コチョク)

 勝:クエバス

 敗:イ ヨンハ

⇒ 2021年 KBOリーグポストシーズン日程表(ストライク・ゾーン)

◆「始球式はイカゲームの001番の老人」

韓国シリーズ第1戦の始球式はネットフリックスで配信され、世界的に話題のドラマ「イカゲーム」に出演した俳優オ・ヨンスさん(77)が務めました。マウンドの前から左打者の外側へボールを投げ込みました。オ・ヨンスさんは同作で001番の老人オ・イルナム役を演じ、注目を集めています。

始球式でボールを投げる俳優のオ・ヨンスさん(写真:kt wiz)
始球式でボールを投げる俳優のオ・ヨンスさん(写真:kt wiz)

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

韓国シリーズ第1戦での出場はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。