26日の韓国KBOリーグは3試合がナイトゲームで行われました。

ハンファイーグルス-LGツインズ(テジョン)は4-0でLGが勝利。LGの先発、育成出身の3年目左腕イム・ジュンヒョン投手が6回3安打無失点と好投し、6度目の登板で初勝利を挙げました。

LGは連敗を3で止め、この日の勝利で70勝57敗13分けとなって、残り4試合に全敗しても3位以上が確定です。LGの3位以上は2013年に公式戦を2位で終えて以来8年ぶり。その年はプレーオフでトゥサンベアーズに敗れたため、最終順位は3位でした。

LGは2位KTウィズと2.5ゲーム差、首位サムスンライオンズと3ゲーム差です。

◆「2次ドラフトを廃止し、2軍FA制度新設」

韓国野球委員会(KBO)は新球団の発足後の戦力均衡化を図るため、2011年から隔年で5度行っていた2次ドラフト(現役ドラフト)を廃止し、新たにフューチャーズリーグ(2軍)FA制度を導入すると発表しました。

フューチャーズリーグFA制度は年間の選手登録日数60日以下の年が、7シーズン以上ある選手が対象となります(資格公示年に145日以上登録された選手と、FA選手は除く)。球団はフューチャーズリーグFAが公示された選手を最大3人まで契約可能で、選手のその年の年俸分を前所属球団に支払う必要があります。獲得した選手を育成選手とすることはできません。同制度は2軍選手の移籍の活性化を目的としています。

(関連記事:選手会提案の「現役ドラフト」 韓国では8年前から実施。その成果は?

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

キウムヒーローズの6回表、キム・インテ選手に代わってレフトの守備に入り、その裏2死一、二塁でレフト前ヒット。1打点を挙げました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が3試合の結果です。

◇10月26日(火)の結果

・トゥサン 7 - 2 キウム(チャムシル)

 勝:イ ヒョンスン

 敗:チェ ウォンテ

・ハンファ 0 - 4 LG(テジョン)

 勝:イム ジュンヒョン

 敗:キム ミンウ

・NC 5 - 7 SSG(チャンウォン)

 勝:キム サンス

 敗:ホン ソンミン

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。