16日の韓国KBOリーグはダブルヘッダー1カードを含む6試合が行われました。

首位KTウィズと10位ハンファイーグルスの対戦は、5回以降に得点を重ねたKTが11-2で勝利しました。

KTの先発オドリサメル・デスパイネ投手は7回まで無失点。8回2死まで127球を投げて被安打6、三振7、ハンファ打線を2点に抑えて12勝目(9敗)を挙げました。

デスパイネ投手はオーバースローからの140キロ台の直球と、横手気味のスリークォーターからツーシーム、カーブを投じるなど変幻自在のフォームを見せるのが特徴。昨季はリーグ唯一の200イニング以上(207回2/3)を投げ、今季も176回2/3でリーグトップです。

◆「KTは世宗大王ユニフォームを着用」

KTは地元スウォン(水原)を象徴する存在として、ハングル文字を作り出したセジョン(世宗)大王ユニフォームを10月のゲームで着用。5年目となる同デザインのユニフォーム、今回は胸のチーム名もハングルの古称「訓民正音」の書体でデザインされています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

KIAタイガース戦での出場機会はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が6試合の結果です。

◇10月16日(土)の結果

・トゥサン 4 - 6 KIA(チャムシル)

 勝:イム ギヨン

 敗:キム ミョンシン

・KT 11 - 2 ハンファ(スウォン)

 勝:デスパイネ

 敗:キンガム

・サムスン 7 - 5 キウム(テグ)

 ダブルヘッダー第1試合

 勝:イ サンミン

 敗:キム ドンヒョク

・サムスン 5 - 4 キウム(テグ)

 ダブルヘッダー第2試合

 勝:チェ ジグァン

 敗:キム ソンジン

・ロッテ 4 - 8 SSG(プサン)

 勝:パク ミンホ

 敗:チェ ジュンヨン

・NC 2 - 1 LG(チャンウォン)

 勝:イ ヨンチャン

 敗:コ ウソク

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。