13日の韓国KBOリーグは4試合がナイトゲームで行われました。

キウムヒーローズ-NCダイノス(コチョク)はキウムが、1-2で1点を追う6回裏に5点、7回にも2点を挙げて8-2で逆転勝ち。キウムの先発アン・ウジン投手が7回1失点で6勝目(8敗)を挙げています。

この試合でキウムの3番、首位打者争いでトップに立つイ・ジョンフ選手が4打数3安打。2試合続けての3安打で打率を3割6分1厘としました。イ・ジョンフ選手を追う2位のカン・ベクホ選手(KT)は4打数無安打で打率を3割5分1厘に下げ、両者の差は1分に開いています。

キウム、KTともこの日130試合目を戦い、残り試合はどちらも14試合です。

◆「ミランダ奪三振王争い独走中」

トゥサンベアーズのアリエル・ミランダ投手(元ソフトバンク)がKTウィズ戦に先発。6回7安打3失点で勝ち負けはつかずも、7つの三振を奪って今季通算211奪三振としました。今季、200奪三振以上記録しているのはミランダ投手のみです。

KBOリーグのシーズン最多奪三振は1984年、チェ・ドンウォン元投手(当時ロッテ)の223。ミランダ投手はその数字に迫ろうとしています。ここまでの成績は13勝5敗、防御率はリーグトップの2.38です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

KT戦の9回表、パク・コンウ選手に代わってライトの守備に入りました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が4試合の結果です。

◇10月13日(水)の結果

・トゥサン 5 - 3 KT(チャムシル)

 勝:ホン ゴンヒ

 敗:イ デウン

・キウム 8 - 2 NC(コチョク)

 勝:アン ウジン

 敗:パーソンズ

・KIA 3 - 5 サムスン(クァンジュ)

 勝:モンゴメリー

 敗:タカハシ

・ロッテ 4 - 4 LG(プサン)

 勝:

 敗:

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。