2日の韓国KBOリーグは全5試合が17時開始で行われました。

トゥサンベアーズ-サムスンライオンズ(チャムシル)は6-0でトゥサンが快勝。トゥサンの先発チェ・ウォンジュン投手が8回98球を投げて散発3安打、無四球。5つの三振を奪い、無失点で勝ち投手になっています。

この日のチェ・ウォンジュン投手は抜群のコントロールを見せ、サムスン打線は高めに浮きあがるボールを打ち損じ内野フライ、低めの変化球は芯を外され内野ゴロを重ねました。

チェ・ウォンジュン投手はこの日の勝利で、自身初の2ケタ勝利の10勝を記録した昨季を上回る11勝目(2敗)となっています。同投手は今夏の東京オリンピックで韓国代表入りしていました。

◆「3球場で引き分け」

シーズン途中から延長戦がなくなったKBOリーグ。この日は3試合が9回規定により引き分けとなりました。SSGランダーズはリーグで最も多い11度目の引き分けです。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

サムスン戦の9回表、チョン・スビン選手の代打シン・ソンヒョン選手に代わって、センターの守備に入りました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇10月2日(土)の結果

・トゥサン 6 - 0 サムスン(チャムシル)

 勝:チェ ウォンジュン

 敗:チェ チェフン

・キウム 3 - 10 LG(コチョク)

 勝:ケリー

 敗:チョン チャンホン

・SSG 2 - 2 KT(インチョン)

 勝:

 敗:

・KIA 4 - 4 ハンファ(クァンジュ)

 勝:

 敗:

・ロッテ 4 - 4 NC(プサン)

 勝:

 敗:

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。