25日の韓国KBOリーグは全5試合が17時開始で行われました。

KIAタイガース-SSGランダーズ(クァンジュ)はKIAの先発マウンドに先月新加入の外国人選手、ボー・タカハシ投手が上がりました。タカハシ投手はKBOリーグ初登板です。

タカハシ投手は早いテンポの投球で、立ち上がりは最速152キロの直球を中心に投球を組み立て、打者2巡目からはスライダー、チェンジアップの割合を増やしていきました。

安定したコントロールを見せたタカハシ投手は打者16人に対し、被安打3、四球2、三振5つを奪い無失点ピッチング。4回を投げて球数が当初予定の70球に到達したため、5回から2番手投手に託しました。

試合は7-1でKIAが勝利。4回で降板のタカハシ投手に勝ち負けはついていません。

タカハシ投手は日系3世ブラジル国籍の24歳で、マイナーリーグからKIA入り。2017年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にブラジル代表として参加した経験のある、KBOリーグ初のブラジル人選手です。

(関連記事:LGがサムスンの連勝を止めて2位再浮上/日系3世ブラジル人投手がKIA入り

映像:KIAタイガース公式YouTubeチャンネル

◆「NPBでも3人の『タカハシ』が先発」

25日のNPBでは阪神髙橋遥人、広島高橋昂也、ヤクルト高橋奎二の3人の「タカハシ」投手が先発。

阪神の髙橋投手は巨人相手に完封勝利、広島の高橋昂投手もDeNA戦で勝利しています。ヤクルトの高橋投手は中日戦で7回無失点と好投しましたが勝ち負けはついていません。NPBの3人の高橋(髙橋)投手は左腕ですが、KBOのタカハシ投手は右投げです。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

ハンファイーグルス戦の9回表、パク・コンウ選手に代わってライトの守備に入り、大きな飛球をフェンスにぶつかりながら好捕しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇9月25日(土)の結果

・トゥサン 1 - 5 ハンファ(チャムシル)

 勝:キム ジョンス

 敗:ミランダ

・キウム 6 - 12 ロッテ(コチョク)

 勝:イ インボク

 敗:パク チュソン

・KT 0 - 0 LG(スウォン)

 勝:

 敗:

・サムスン 1 - 0 NC(テグ)

 勝:ウォン テイン

 敗:パーソンズ

・KIA 7 - 1 SSG(クァンジュ)

 勝:パク チンテ

 敗:チェ ミンジュン

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。