7日の韓国KBOリーグは3試合が雨で中止。2試合がナイトゲームで行われました。

NCダイノス-ハンファイーグルス(チャンウォン)は2回裏2死二、三塁で、9番キム・ジュウォン選手が外角低めの直球を逆方向に運び、レフトのブルペンに飛び込む先制3ランを放ちました。

試合はNCが4回に8点を挙げるビッグイニングを作るなど得点を重ねて、16-4で勝利しています。先発のドリュー・ルチンスキー投手が6回1失点で11勝目(7敗)を挙げました。

決勝弾を放ったキム・ジュウォン選手は高卒1年目の19歳。この一発がプロ初アーチでした。NCは正ショートのノ・ジンヒョク選手が腰痛で7月5日に登録抹消。チャンスを得たキム・ジュウォン選手はこの日がショートで17試合目の先発出場でした。ノ・ジンヒョク選手の1軍復帰が近づく中、若き両打ちの遊撃手が大きなアピールをしています。

◆「来年のシーズン開幕は4月2日」

韓国野球委員会(KBO)は2022年の公式戦開幕を4月2日、オールスター戦は7月16日に行う予定と発表しました。来年は9月に4年に1度開催のアジア大会(中国・杭州)があります。過去の同大会では大会期間中に公式戦を中断しましたが、次回はトップチームを構成せず、若手中心のメンバーとなることからシーズンは通常通り行う予定です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

キウムヒーローズ戦は雨で中止でした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が2試合の結果です。

◇9月7日(火)の結果

・トゥサン 中 止 キウム(チャムシル)

 勝:

 敗:

・SSG 中 止 LG(インチョン)

 勝:

 敗:

・KT 中 止 KIA(スウォン)

 勝:

 敗:

・サムスン 2 - 4 ロッテ(テグ)

 勝:キム ドギュ

 敗:ブキャナン

・NC 16 - 4 ハンファ(チャンウォン)

 勝:ルチンスキー

 敗:チャン シファン

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。