4日の韓国KBOリーグは全5試合が17時開始で行われました。

ハンファイーグルス-KIAタイガース(テジョン)は6-2でハンファが勝利。ハンファは連敗を3で止め、KIAは3連敗です。

この試合でハンファの先発キム・ミンウ投手が7回2/3を投げて5安打1失点と好投し、自身初の2ケタ勝利となる10勝目(7敗)を挙げました。

ハンファの国内投手で10勝以上を記録するのは2015年のアン・ヨンミョン投手(現KT)以来6年ぶりになります。

◆「元楽天ブリガム退団」

キウムヒーローズはジェイク・ブリガム投手(元楽天)の任意引退手続きを行った発表しました。ブリガム投手は7月12日に夫人の看病のため出国。以後、アメリカに滞在していました。その後球団とブリガム投手で話し合いが行われ、プレーに集中するのは困難との判断で退団となりました。

ブリガム投手は昨季まで4シーズン、キウム(入団時はネクセン)で先発投手として活躍。昨季限りで放出となり今季は台湾・味全でシーズンをスタートしましたが、5月に再びキウムのユニフォームに袖を通しました。今季の成績は10試合7勝3敗、防御率2.95。5年間の通算成績は114試合50勝26敗、防御率3.63でした。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

サムスンライオンズ戦での出場はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇9月4日(土)の結果

・LG 1 - 11 KT(チャムシル)

 勝:コ ヨンピョ

 敗:ソン ジュヨン

・キウム 9 - 2 SSG(コチョク)

 勝:チェ ウォンテ

 敗:オ ウォンソク

・ハンファ 6 - 2 KIA(テジョン)

 勝:キム ミンウ

 敗:イム ギヨン

・サムスン 11 - 4 トゥサン(テグ)

 勝:モンゴメリー

 敗:クァク ピン

・NC 2 - 8 ロッテ(チャンウォン)

 勝:パク セウン

 敗:イ ジェハク

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。