31日の韓国KBOリーグは首都圏の2試合が雨で中止、3試合がナイトゲームで行われました。

サムスンライオンズ-キウムヒーローズ(テグ)は3-2でサムスンが勝利。サムスンの先発左腕ペク・チョンヒョン投手が6回1失点と好投し11勝目(4敗)。防御率2.26でリーグトップの座をキープしています。

サムスンは8回表2死から5番手としてオ・スンファン投手が登板。オ・スンファン投手は打者5人に対して被安打1、三振1つを奪い無失点でゲームを締めました。この日が44試合目の登板となったオ・スンファン投手は2位と5セーブ差の今季30セーブ目を挙げています。

東京オリンピック(五輪)の3位決定戦ではドミニカ共和国相手に5失点し、負け投手となったオ・スンファン投手ですが、五輪終了後に再開となった公式戦ではここまで7試合に登板し無失点です。

7月に39歳になったオ・スンファン投手の30セーブ到達は、KBOリーグでは37セーブを挙げた2012年以来9年ぶり。自身としては2015年に阪神で41セーブを記録して以来となります。

(関連記事:前回王者の韓国がメダルなし、兵役免除なしの4位で終戦(監督・選手のコメントも)【東京五輪・野球】

◆「NCがコロナ防疫違反の選手に追加処分」

7月に防疫違反で72試合出場停止となったNCダイノスの4選手に、球団が追加処分を発表。遠征先ホテルで外部の人と接触するきっかけとなったパク・ソクミン内野手の処分が最も重く、50試合の出場停止が追加され計122試合となりました。また選手管理の責任者としてイ・ドンウク監督も10試合出場停止と罰金が科され、団長(GM)と本部長が辞意を表明しています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

KIAタイガース戦は雨天中止でした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が3試合の結果です。

◇8月31日(火)の結果

・トゥサン 中 止 KIA(チャムシル)

 勝:

 敗:

・SSG 中 止 NC(インチョン)

 勝:

 敗:

・ハンファ 5 - 2 KT(テジョン)

 勝:キム ギジュン

 敗:ソ ヒョンジュン

・サムスン 3 - 2 キウム(テグ)

 勝:ペク チョンヒョン

 敗:キム ソンギ

・ロッテ 4 - 9 LG(プサン)

 勝:キム ユンシク

 敗:チェ ヨンファン

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。