29日の韓国KBOリーグは全5試合が17時開始で行われました。

LGツインズ-キウムヒーローズ(チャムシル)は11-2でLGが勝利。今季4試合目の登板、今月に入って3度目の先発マウンドとなった左腕のソン・ジュヨン投手がプロ初勝利を挙げています。

ソン・ジュヨン投手は6回81球を投げて許したヒットは、4回のソン・ソンムン選手に喫した2ランホームランの1本のみ。2失点5三振と好投しました。191cmの長身から繰り出すスライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップの変化球をイ・ソンウ捕手が上手に引き出し、打者に的を絞らせませんでした。

2017年にプロ入りし今季軍服務から復帰したソン・ジュヨン投手は、五輪前の代表チーム相手の強化試合で好投。注目の左腕として先発登板が続き、この日の初白星となりました。

◆「左腕リレーで勝利」

この日のLGは先発ソン・ジュヨン投手の後をチン・ヘス、チェ・ソンフン、イ・サンヨンの3投手がリレー。登板した4投手はすべて左投手でした。ホームで白星を飾ったLGは4連勝。他の4球場でもホームチームが勝利しています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

ロッテジャイアンツ戦の9回表、内野安打で出塁のヤン・ソクファン選手の代走として出場しました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。30日は試合がありません。

◇8月29日(日)の結果

・LG 11 - 2 キウム(チャムシル)

 勝:ソン ジュヨン

 敗:チェ ウォンテ

・SSG 9 - 0 KIA(インチョン)

 勝:オ ウォンソク

 敗:キム ヒョンス

・KT 8 - 3 サムスン(スウォン)

 勝:ペ ジェソン

 敗:モンゴメリー

・ハンファ 3 - 2 NC(テジョン)

 勝:キム ボムス

 敗:イ ジェハク

・ロッテ 4 - 2 トゥサン(プサン)

 勝:パク セウン

 敗:イ ヒョンスン

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。