28日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

SSGランダーズ-KIAタイガース(インチョン)はSSGが12-4で勝利。SSGは5番チェ・ジュファン選手が2打席連続でライトポールにぶつける11、12号を放ち、8回裏には代打のチェ・ジョン選手が左中間にリーグ単独トップに立つ23号3ラン。さらに途中出場のオ・テゴン選手がレフトに5号2ランを放っています。

SSGは先発のウィルマー・フォント投手が6回1失点で6勝目(3敗)。チームは連敗を6で止めて勝率を5割に戻しました。

◆「ハンファの左の長距離砲イ・ソンヨル引退」

ハンファイーグルスはイ・ソンヨル内野手(37)の引退を発表しました。2003年LGツインズに捕手として入団。持ち前の長打力を生かすため、外野手、一塁手にポジションを移しトゥサンベアーズ、ネクセン(現キウム)ヒーローズ、そしてハンファの4球団でプレーしました。2018年には自己最多の34本塁打を記録。19年間の通算本塁打は190本でした。今季はシーズン終了まで2軍スコアラーを務める予定です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

ロッテジャイアンツ戦の8回裏、2番キム・ジェファン選手に代わってレフトの守備に入りました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇8月28日(土)の結果

・LG 3 - 2 キウム(チャムシル)

 勝:ケリー

 敗:ヨキッシュ

・SSG 12 - 4 KIA(インチョン)

 勝:フォント

 敗:イム ギヨン

・KT 5 - 6 サムスン(スウォン)

 勝:チェ ジグァン

 敗:パク シヨン

・ハンファ 9 - 1 NC(テジョン)

 勝:キンガム

 敗:ソン ミョンギ

・ロッテ 10 - 10 トゥサン(プサン

 勝:

 敗:

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。