この写真は8月15日の韓国KBOリーグ、ハンファイーグルス-NCダイノス(テジョン)での7回裏の一場面を写したもの。

右のマスク姿の男性はNCのヘッドコーチ、カン・イングォン(49)、左はプロ2年目20歳の投手カン・テギョン。この2人は実の親子だ。

カン・テギョンは8月13日に育成選手から正式登録となり、この日がプロ初登板初先発。6回を被安打4、失点2と好投し、7回裏の先頭打者にヒットを許したところで、NCベンチは2番手投手への交代を決めた。

投手交代時、通常であればピッチングコーチがマウンドに向かう。しかしこの時ベンチから出てきたのは捕手出身のヘッドコーチだった。

球審からボールを受け取ったヘッドコーチ、いや父のイングォンはマウンドの息子・テギョンに右手を伸ばし握手。息子は頭を下げ帽子を取り、そして写真のように抱き合った。息子は少し照れくさそうな表情を見せて、もう一度お辞儀をしてベンチへと下がった。

抱き合う前、握手をするカン・テギョン投手とカン・イングォンコーチの父子(写真:NCダイノス)
抱き合う前、握手をするカン・テギョン投手とカン・イングォンコーチの父子(写真:NCダイノス)

このシーンについて後日、NCのイ・ドンウク監督(47)は記者陣にこう説明している。

「私がこれまで現役、指導者生活を送ってきた中で、試合で投げているピッチャーとその父親が同じチームにいたことは一度もなかった。ヘッドコーチは当初、マウンドに行くことを拒みましたが、『人生で一度しかないことだから、行って温かく抱きしめてはどうですか?』と勧めました」

初登板での好投、そして監督のコーチへの気遣いが生んだ、マウンドでの父子の抱擁だった。

韓国球界の「父子鷹」で最も有名なのは中日でもプレーしたLGイ・ジョンボムコーチ(51)と、東京五輪韓国代表としても活躍したキウムのイ・ジョンフ外野手(23)。

(関連記事:古巣・中日で韓国の英雄がコーチ修行 息子と同世代の若者たちに向けた50歳のまなざし

また同じチームに所属する父子ではトゥサンのパク・チョルウ2軍監督(57)とパク・セヒョク捕手(31)がいる。

(関連記事:阿部慎之助との日々のLINEが刺激に 新正捕手目指すトゥサンの29歳