17日の韓国KBOリーグは2試合が降雨ノーゲーム、3試合がナイトゲームで行われました。

ハンファイーグルス-サムスンライオンズ(テジョン)は4-2でハンファが勝利。ハンファは1-2で1点を追う5回裏2死二、三塁でキム・テヨン選手のセンターへの2点タイムリーヒットで逆転し、この一打が決勝打となりました。

キム・テヨン選手は7月に軍服務を終えて復帰。二軍戦出場を経て15日のNCダイノス戦に8番サードで今季一軍初出場すると4打数4安打の活躍を見せました。そしてこの日のサムスン戦では4番に座り、決勝打を含む4打数2安打2打点を記録しています。ハンファは連敗を3でストップ。敗れたサムスンは4連敗です。

◆「ハンファが地元での連敗を9で止める」

85試合目で30勝に到達した最下位のハンファはリーグ唯一の勝率3割台。ここまで地元テジョンで9連敗中でしたが、この日の勝利で連敗を止めました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

コヤンヒーローズ(キウム2軍)との2軍戦に7番センターで先発出場。4打数2安打1打点1四球で5回のセカンドへの内野安打が決勝打になっています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が3試合の結果です。

◇8月17日(火)の結果

・トゥサン 中 止 KIA(チャムシル)

 勝:

 敗:

・SSG 中 止 NC(インチョン)

 勝:

 敗:

・KT 5 - 5 LG(スウォン)

 勝:

 敗:

・ハンファ 4 - 2 サムスン(テジョン)

 勝:キンガム

 敗:モンゴメリー

・ロッテ 1 - 0 キウム(プサン)

 勝:フランコ

 敗:チェ ウォンテ

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。