31日に行われた東京オリンピック(五輪)の野球で予選B組の韓国は2-4でアメリカ合衆国に敗れて、予選を1勝1敗の2位で終えた。

韓 1 0 0 0 0 0 0 0 1  2

ア 0 0 0 2 2 0 0 0 X  4

韓国は初回に無死一、三塁で3番キム・ヒョンスのセカンドゴロの間に1点を先制。しかし2回以降はチャンスらしいチャンスを作ることができず、重苦しいムードのまま試合が進んだ。

韓国の先発、サイドスローのコ・ヨンピョはアメリカ打線を3回までヒット1本に抑え、無失点で打者一巡を終えた。しかし4回に死球のランナーを置いて4番のトリストン・カサスにライトへ逆転2ランを喫し、韓国は追う展開となった。

序盤に好投を見せた先発のコ・ヨンピョ
序盤に好投を見せた先発のコ・ヨンピョ写真:ロイター/アフロ

アメリカは5回にも9番ニック・アレンのレフトへのソロ。代わった2番手のコ・ウソクから3番タイラー・オースティン(DeNA)がタイムリーを放ち、4-1とリードを広げた。

6、7、8回と両チーム得点のないまま迎えた9回表、韓国は無死二、三塁のチャンスを作り、6番オ・ジェイルがセンターへの犠牲フライで2点差に迫るも、後が続かず韓国が2-4で敗れた。

アメリカは先発のニック・マルティネス(ソフトバンク)が好投。2回以降、韓国打線に許したヒットは3、5回の2死からの2本だけで、5回を投げて被安打4、三振9個を奪い初回の1点に抑えた。

イスラエル戦で活発だった韓国打線は、この日はアメリカの5投手の前に沈黙。チームの成果として、6回からマウンドに上がった代表チーム初選出のキム・ミンウ、キム・ジンウク、パク・セウンの3投手がパーフェクトリレーを見せたことが、次戦以降に生かされそうだ。

以下、試合後の会見でのコメント

◇キム・ギョンムン監督

きょうはエースのコ・ヨンピョ投手が5回をよく投げてくれた。2つの失投が残念だったがしっかりと役割と果たした。打線はいい打球はあったがつながりが良くなかった。アメリカの投手が良かった。きょうの負けは忘れてドミニカ共和国戦に向けて準備する。

◇コ・ヨンピョ投手

コンディションは良く、相手の分析準備をして試合に臨むことができた。大事なところで一発を喫したことが残念だった。バッターがうまく打った。4番のカサス選手は2ストライクの後のチェンジアップを、9番のアレン選手には初球の変化球をとらえられた。

◇キム・ヒョンス外野手

(チームのキャプテンとして)負けは早く忘れて、明日以降の試合に臨みたい。まだ終わったわけではなく、大変な時に乗り越えられるのが韓国チームだと思う。

◇韓国先発オーダー

中 パク・ヘミン

右 イ・ジョンフ

左 キム・ヒョンス

指 カン・ベクホ

捕 ヤン・ウィジ

一 オ・ジェイル

遊 オ・ジファン

三 ホ・ギョンミン

二 キム・ヘソン

◇韓国バッテリー

投 ●コ・ヨンピョ、コ・ウソク、キム・ミンウ、キム・ジンウク、パク・セウン

捕 ヤン・ウィジ

◇アメリカ先発オーダー

左 ジェーミー・ウェストブルック

二 エディ・アルバレス

指 タイラー・オースティン

一 トリストン・カサス

三 トッド・フレージャー

右 エリック・フィリア

捕 マーク・コロジュバリー

中 バッバ・スターリング

遊 ニック・アレン

投 〇ニック・マルティネス、スコット・マクガフ、エドウィン・ジャクソン、アンソニー・ゴス、Sデービッド・ロバートソン

予選2位となった韓国はノックアウトステージでA組2位のドミニカ共和国とあす8月1日19時に対戦。予選1位のアメリカは2日19時に日本戦を行う。

(関連記事:韓国代表の呉昇桓(元阪神)「梅野の代表入りは嬉しい」 選手村では20歳年下と同室

(関連記事:元阪神・呉昇桓が東京五輪韓国代表に緊急招集 ハマスタを知る3人に訪れた突然の事態

東京五輪日程・概要と韓国代表一覧(ストライク・ゾーン)

【この記事は、Yahoo!ニュース個人編集部とオーサーが内容に関して共同で企画し、オーサーが執筆したものです】