4日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

LGツインズ-ハンファイーグルス(チャムシル)は5-0でLGが勝利。LGの先発、昨年のドラ1で19歳のイ・ミンホ投手が7回89球を投げて、被安打2、死球1、無失点と好投しました。イ・ミンホ投手はハンファの走塁ミス、2本の併殺打もあって、すべてのイニングを3人で終えています。

LG打線は2回裏に5番オ・ジファン選手の5号2ランで先制。4回にも3点を挙げてイ・ミンホ投手を援護しました。イ・ミンホ投手は4勝目(5敗)。LGは連敗を3でストップです。

決勝打を放ったオ・ジファン選手は打率2割4分と規定打席到達者の中で、下から5番目の50位ですが、勝負強さと安定感が増した守備が評価され、東京オリンピックでの韓国代表入りを決めています。

(関連記事:中日、西武の元中継ぎ投手・岡本真也 もつ鍋店主の今と韓国の元同僚の成長に感じる10年

◆「下位2チームで1対1のトレード」

KIAタイガースとハンファが3日に1対1のトレードを発表。KIAからペク・ヨンファン捕手、ハンファからカン・ギョンハク内野手がそれぞれ移籍しました。

◆「ハンファ、助っ人打者を放出」

ハンファは4日、リオン・ヒーリー内野手を韓国野球委員会(KBO)にウエーバー公示申請したと発表しました。ヒーリー選手は67試合に出場、打率2割5分7厘、本塁打7本、打点37という成績でした。ハンファは代替の外国人打者の獲得を予定しているとのことです。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日トゥサンベアーズは2軍戦がありませんでした。次回は6日のSSGランダーズ戦です。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇7月4日(日)の結果

・LG 5 - 0 ハンファ(チャムシル)

 勝:イ ミンホ

 敗:ユン デギョン

・SSG 4 - 6 ロッテ(インチョン)

 勝:キム ジンウク

 敗:ソ ジンヨン

・KT 12 - 3 キウム(スウォン)

 勝:イ チャンジェ

 敗:キム ソンミン

・KIA 7 - 3 トゥサン(クァンジュ)

 勝:キム ユシン

 敗:キム ミンギュ

・NC 0 - 5 サムスン(チャンウォン)

 勝:イ スンヒョン

 敗:シン ミンヒョク

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。