2日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

LGツインズ-ハンファイーグルス(チャムシル)は5-3でハンファが勝利。ハンファの先発マウンドに上がった韓国代表のキム・ミンウ投手が、8回途中まで3安打無失点と好投。8勝目を挙げました。

ハンファは1回表、1死満塁で5番チョン・ジンホ選手のセカンドゴロの間に、三塁走者が還って1点を先制。逃げ切ったハンファはこの内野ゴロが決勝点となっています。

チョン・ジンホ選手はこの日2打数無安打でしたが、3、7回に犠牲フライを放ち計3打点を記録。その2本の犠飛で生還したのは、いずれもこの日2安打のチェ・ジェフン選手でした。捕手のチェ・ジェフン選手は、今季は主に2番打者として出場しています。

10位で最下位のハンファは投打がかみ合い、連敗を10で止めました。

◆「今年も2軍で『ロボット審判』を導入」

韓国野球委員会(KBO)は昨季の2軍戦23試合で試験運用した、「自動ストライク・ボール判定システム」、別名「ロボット審判」を今季も2軍の一部試合で導入すると発表しました。

このシステムは球場に3台のカメラを設置。マウンド、ホームベースをはじめとした各ベースなど、グラウンド内の固定物の位置情報を基にして、投球のトラッキングデータ(追跡情報)が打者ごとに設定されたストライクゾーンを通過したか否かで判定します。システムがストライク、またはボールの判定を下すと、それが機械音声で球審がつけたイヤホンに届き、それを聞いた球審はコールをするというものです。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日トゥサンベアーズは2軍戦がありませんでした。次回は6日のSSGランダーズ戦です。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇7月2日(金)の結果

・LG 3 - 5 ハンファ(チャムシル)

 勝:キム ミンウ

 敗:ケリー

・SSG 5 - 6 ロッテ(インチョン)

 勝:キム ウォンジュン

 敗:キム サンス

・KT 4 - 1 キウム(スウォン)

 勝:クエバス

 敗:ヨキシ(ヨキッシュ)

・KIA 8 - 3 トゥサン(クァンジュ)

 勝:イ ウィリ

 敗:ユ ヒグァン

・NC 2 - 5 サムスン(チャンウォン)

 勝:ペク チョンヒョン

 敗:パーソンズ

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)