30日の韓国KBOリーグはダブルヘッダー2カードを含む7試合が予定されていましたが、2試合が中止となって5試合が行われました。

2位LGツインズが0.5ゲーム差で追う、首位KTウィズをホームに迎えたダブルヘッダーは、第1試合が雨で中止。第2試合は両チームとも先発投手がスライド登板しスタートしました。

試合はKTが初回に2点を先制するも、その裏LGは東京オリンピック韓国代表のショート、5番オ・ジファン選手の4号3ランで逆転しました。

KTの先発、こちらも代表選手のコ・ヨンピョ投手は立ち上がりこそ被弾するも、その後は安定感のあるピッチングを見せます。その間に味方打線は4回に同点に追いつき、5回に2番、代表の三塁手ファン・ジェギュン選手のタイムリーで勝ち越しに成功。

コ・ヨンピョ投手は7回87球を投げて被安打4、奪った三振は1つと打たせて取る投球で、失点は初回の3点のみでした。試合はコ・ヨンピョ投手の後を3人の投手がLG打線を抑えて、KTが4-3で勝利。首位の座を守りました。

◆「テジョンの試合は約1時間遅れでスタート」

ハンファイーグルス-トゥサンベアーズ(テジョン)は雨の影響で、予定より約1時間遅れの19時25分にスタートしました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

ハンファ戦に9番ライトで先発出場。3回の1打席目はセカンドゴロ、4回の2打席目はセンターフライ、7回の3打席目はピッチャーゴロでした。9回には送りバントを決めて同点のランナーを得点圏に進めています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が5試合の結果です。

◇6月30日(水)の結果

・LG 中 止 KT(チャムシル)

 ダブルヘッダー第1試合

 勝:

 敗:

・LG 3 - 4 KT(チャムシル)

 ダブルヘッダー第2試合

 勝:コ ヨンピョ

 敗:イ ジョンヨン

・キウム 6 - 5 ロッテ(コチョク)

 勝:キム テフン

 敗:ク スンミン

・SSG 3 - 3 サムスン(インチョン)

 ダブルヘッダー第1試合

 勝:

 敗:

・SSG 8 - 4 サムスン(インチョン)

 ダブルヘッダー第2試合

 勝:チャン ジフン

 敗:シム チャンミン

・ハンファ 6 - 8 トゥサン(テジョン)

 勝:ユン ミョンジュン

 敗:チョン ウラム

・KIA 中 止 NC(クァンジュ)

 勝:

 敗:

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。