25日の韓国KBOリーグは1試合が雨で中止。ハンファイーグルス-KTウィズ(テジョン)は5回終了後に雨天中断した後、降雨コールドゲームとなりました。

キウムヒーローズ-KIAタイガース(コチョク)は、14-5でキウムが勝利。キウムの先発ジェイク・ブリガム投手(元楽天)が6回103球を投げて、被安打4、失点2(自責1)で今季5勝目(3敗)を挙げています。ブリガム投手は3連勝。チームも3連勝で昨季から続く、対KIA戦の連敗を8で止めました。

ブリガム投手は2017年途中から昨季まで、4シーズンにわたりキウム(入団時はネクセン)に在籍。先発投手として通算43勝を挙げ役割を果たすも、昨季は故障離脱もありチームの方針で退団となりました。今季は台湾・味全で開幕を迎えていましたが、再びキウムから声が掛かり5月に再加入。この日が8試合目の登板でした。

◆「サムスンとハンファで1対1のトレード」

サムスンライオンズとハンファが野手同士の1対1のトレードを発表。サムスンからイ・ソンゴン外野手、ハンファからオ・ソンジン内野手がそれぞれ移籍します。サムスンは経験豊富な選手の獲得で内野の強化、ハンファは左の長距離砲の補強が目的でした。このトレードは24日に両チームが対戦した際、団長(GM)同士の対話で決まったそうです。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

ロッテジャイアンツ戦の8回表、1番キム・インテ選手に代わってライトの守備に入りました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が4試合の結果です。

◇6月25日(金)の結果

・トゥサン 1 - 9 ロッテ(チャムシル)

 勝:ストレイリー

 敗:ロケット

・キウム 14 - 5 KIA(コチョク)

 勝:ブリガム

 敗:イ ミンウ

・ハンファ 0 - 2 KT(テジョン)

 勝:クエバス

 敗:チャン シファン

・サムスン 中 止 LG(テグ)

 勝:

 敗:

・NC 11 - 10 SSG(チャンウォン)

 勝:ペ ミンソ

 敗:キム サンス

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。