23日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

ロッテジャイアンツ-NCダイノス(プサン)はロッテが13-7で大勝。先行したのはNCでしたが、ロッテの大物ルーキーの一発で同点とし、流れを変えました。

8番サードで出場のナ・スンヨプ選手は0-2の2回裏2死一塁で、NCの先発ドリュー・ルチンスキー投手からセンターバックスクリーンに同点の2ランホームラン。高卒1年目19歳のナ・スンヨプ選手にとって、プロ初ホームランでした。

ナ・スンヨプ選手はその後も6回の3打席目に左中間への二塁打、7回には2点タイムリーを放って、5打数3安打4打点の活躍を見せました。プロ入り前のナ・スンヨプ選手は米球界でのプレーも視野に入れていましたが、国内でのプレーを決断。昨年のドラフト2次指名2ラウンドでロッテ入りしています。

◆「キウムの助っ人打者退団へ」

キウムヒーローズはデービッド・フレイタス内野手をウエーバー公示申請すると発表しました。フレイタス選手は43試合に出場し打率2割5分9厘、2本塁打、14打点。捕手としても9試合に先発出場しました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

キウムヒーローズ戦の7回裏、チェ・ヨンジェ選手の代走で出場。8回表からセンターの守備に入りました。9回裏の先頭打者として打順が回り、10球粘ってのショートゴロでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇6月23日(水)の結果

・トゥサン 3 - 4 キウム(チャムシル)

 勝:キム テフン

 敗:パク チグク

・SSG 7 - 4 LG(インチョン)

 勝:オ ウォンソク

 敗:イ ミンホ

・KT 1 - 2 KIA(スウォン)

 勝:イム ギヨン

 敗:コ ヨンピョ

・サムスン 3 - 0 ハンファ(テグ)

 勝:チェ チェフン

 敗:キム ギジュン

・ロッテ 13 - 7 NC(プサン)

 勝:ノ ギョンウン

 敗:ルチンスキー

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。