22日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

サムスンライオンズ-ハンファイーグルス(テグ)はサムスンが9-0で圧勝。サムスンは初回に6番イ・ウォンソク選手が6号満塁弾で先制すると、3回には東京五輪代表の5番オ・ジェイル選手が10号2ランを放ち、序盤で6点をリードしました。

大量リードをバックに、先発のデービッド・ブキャナン投手(元ヤクルト)は安定感抜群のピッチング。左右どちらの打者にも内角に直球を思いっきりつきながら、カットボール、チェンジアップを捕手が構えたところにきっちりと収めて抑えていきました。7回106球を投げて散発の3安打、1四球、8つの三振を奪って、リーグ単独トップの9勝目(2敗)を挙げています。

笑顔を見せるブキャナン(写真:サムスンライオンズ)
笑顔を見せるブキャナン(写真:サムスンライオンズ)

◆「首位LGが7発放って5連勝」

LGツインズはSSGランダーズ戦でチーム7本塁打。キム・ヒョンス、イ・ヒョンジョン選手が2本ずつ、チェ・ウンソン、ムン・ボギョン、チョン・ジュヒョンの3選手も一発を放っています。試合は14-1でLGが勝利し5連勝です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

21日に登録抹消になったパク・コンウ選手に代わって、この日一軍に昇格。8回裏に4番キム・ジェファン選手の代走で出場し、9回表にライトの守備に入りました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇6月22日(火)の結果

・トゥサン 10 - 3 キウム(チャムシル)

 勝:イ ヒョンスン

 敗:ハン ヒョンヒ

・SSG 1 - 14 LG(インチョン)

 勝:イム チャンギュ

 敗:イ テヤン

・KT 6 - 3 KIA(スウォン)

 勝:デスパイネ

 敗:イ ウィリ

・サムスン 9 - 0 ハンファ(テグ)

 勝:ブキャナン

 敗:ユン デギョン

・ロッテ 2 - 5 NC(プサン)

 勝:イ ジェハク

 敗:パク セウン

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。